読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

愛情は自然に伝わるから安心していい話

こんにちは。上村です。


前回のブログで、「不完全を恐れなくていい」という話をしました。


例えば、恋愛で考えてみましょう。


恋人と、食事の約束をします。


でも急に、「今日は仕事で無理」と言われます。


「仕事と私と、どちらが大事?」

と言いたいところ。


しかし、この質問に答えるのは無理です。


なぜなら、比べられないものだからです。


どちらも大切でしょう。


「恋人ならこうすべき」という思い。


それが、「完璧主義」です。


完璧を目指すのはいいのですが、「完璧でなければならない」というのは違います。


どこにも、完璧などないからです。


完璧主義に陥ると、関係が行き詰ってきます。


それぞれ「独自の愛」を育んでいけばいいだけで、それは完璧を求めなくてもできること。


「今日の自分は完璧ではないから、好きな人と会えない」

と言っていたら、ずっと会えなくなってしまう。


不完全なのは誰でもそうです。


もし本当に「完璧に近いもの」があるとしたら、「不完全なことをどんどんしていった先」に見えてくるものでしょう。


好意を伝えようと、躍起になっている人がいますね。


でも、なぜか相手の反応が鈍っていく。


なぜそうなるのでしょうか?


「完璧に愛情を伝えなければならない」と思っているからです。


でも本当の愛情とは、そんな強迫的なものではありません。


もっと素朴なもの。


愛情とは、「自然に伝わるもの」です。


愛情とは、伝えようとするものではなく、自然に発揮していくものです。


宣伝ではなく、行為です。
口先ではなく、素朴な思いやりです。


受け入れ態勢のある人に、自然に伝わっていくものです。


もちろん、恋愛に限った話ではありません。


人間関係もそうですし、友情もそうです。


「会話」もそう。


完璧な会話など、どこにもありません。


完璧な会話を求めようとすると、
かえってぎこちなくなるものです。


完璧主義を捨て、もっと肩の力を抜いて、
素朴な自分を発揮していこう。


「不完全な円」でいいので、どんどん描いていくことです。


何かに行き詰まっている人は、
「完璧な円」を描こうと思い過ぎているのかもしれません。



完璧な円を、フリーハンドで描くことなどできないのです。


それと同じで、今の相手も自分も、決して完璧ではありません。


だからこそ、足らざるものを埋めようと、努力していくのです。


不完全というのは、「向い風」ではありません。


自分を押してくれる、「追い風」です。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛情とは、伝えようとするものではなく、自然に発揮していくものです。

本来の愛情は、焦りや心配ではなく、「落ち着きと希望」をもたらします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク