読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「ドキュメンタリー愛され術」の話


こんにちは。上村です。



あなたは、恋愛ドラマを見るでしょうか?



恋愛ドラマでは、「とってつけたような冴えない人」が登場することがありますね。



何をしてもドジばかり。



その冴えない主人公に、「とってつけたような素敵な異性」が現れます。


そして「とってつけたような恋愛」に発展していきます。


ストーリはおもしろいのです。


いろいろ工夫をこらして楽しい。


ところがどうしても「とってつけ感」がある。


何が原因でしょうか?


それは「冴えない主人公」にあるのです。


わざとらしく見えるのは、その役者さんが以前に、「格好いい役」をしていたからです。(笑)


以前のドラマでシリアスな役をしていたのに、次のドラマで喜劇をやっているような感じ。


「それがおもしろい」という見方もありますが、リアリズムとしては違和感があります。


そんなリアリズムを求められたら、ドラマも困ってしまうかもしれませんが。(笑)



ところで僕は何が言いたいのかというと、「現実に立脚しよう」ということなのです。


我々の日常ですね。


例えば、会社で、「自分のことを周囲に認めさせたい」と思います。



そこで「デキル人」を演出する。



しかし、いつかはボロが出るものです。


いくらデキル人を装っても限界があります。


例えば、異性の前になると、急に張り切る人がいます。


今まで静かだったのに、急に「騒がしい人」に変貌する。


これも、わざとらしいと言えばわざとらしいですね。


別に相手が女性でも男性でも、同じようにしていればいいのですね。


リキむ必要などないのです。


素朴な自分で十分です。


ドラマの主人公になるなら、「自分を土台にして」ストーリーを組み立てるべき。


ドキュメンタリーが、意外に高視聴率をとることがあるのです。(笑)


ドラマだって、現実をすべて無視した内容では、視聴者に受け入れられませんね。



土台には、「ああそんなことはあるかもしれない」という部分が必要です。


もっと言えば、「実話に基づくドラマ」ほど人の心をとらえるものはありません。


「ドキュメンタリー恋愛術」こそ、最高の恋愛術に他ならない。



ドキュメンタリーこそ、「最高にドラマチックな話」なのです。



「自信を持て」と言われますが、本当の自信とは、そういうところから芽生えてくるに違いないのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの役は、あなたにしかできない。


だから「素敵な役」なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク