読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

理不尽をチャンスに変える「たくましい会話術」


こんにちは。上村です。



僕は、よく言います。



「理不尽(矛盾)を前向きに生かそう」


と。


これは会話術にも言えることです。


「理不尽」は話の宝庫。



もちろん、理不尽自体がいいわけではありません。


理不尽とは不快なものです。



そこから「プラス面を引き出す」という意味ですね。


それには精神力が必要です。


だからこそ、理不尽を前向きに生かせる人は、「たくましい人」なのです。


世の中は、日常も含めて、理不尽がいろいろあります。


職場にも学校にも家庭にも、いろいろな理不尽があるかもしれない。


「無理と言うな」と、部下に対して説教する上司。


でも、自分はいっぱい無理なことがあるのです。



営業でコンビを組んでいる先輩。


でも、いつも車の助手席で寝ている。



相手を選んで、強引に酒を進める先輩。


「相手を選んで」というのが特にけしからん。(笑)


あるいは、声高に叫ぶ人が「得」をしているとか。(表面上の得に過ぎませんが)


学校にも理不尽があります。


「学校は人生で一番平等なところ」と言う人がいますが、そうでもない。


ヘンな先生もいますし、ガキ大将もいます。


理不尽というのは、至るところにありますね。


「ささいな理不尽」から「社会正義に反する理不尽」まで、いろいろあります。


通常は、理不尽を感じれば「けしからん」と思うでしょう。


それを解決しようとする人もいれば、心が折れて、人間関係がうまくいかなくなる人もいます。


大切なのは、物事には「作用・反作用」があるということです。



理不尽という反作用があったら、「作用」を見つけるチャンスでもあります。



自分が成長するチャンスです。



自分の魅力を上げるチャンスです。



せっかくのチャンスを、ただ不満で終わるのはもったいない。



理不尽は自分を弱くするのではなく、いっそう強くするものでなくてはいけない。



「正しいこと」を発見する機会にする必要があります。



そうあって、初めてどんなことにも負けない「強い気持ち」を持つことができます。



都合の悪いことが起こったら、「都合のいいこと」を進化させるきっかけにすべきです。



最悪の別れから、「最高の出会い」を掴んだ人もいるのです。



では次回も、続きを書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

反作用は、後退するためにあるのではありません。


「いっそう前進させるため」にあるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク