読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「追いかけない」で愛される話


こんにちは。上村です。



こんな例を考えてみてくださいね。



芸能人に「恋の噂」が出るとします。



人気商売の辛い部分は、普通の恋愛も格好のネタにされるところです。



単なる噂の場合もあるでしょうし、本当の場合もあります。



もし本当の場合だったらどうなるか?


「ゴールイン」というパターンもありますが、噂のおかげでそのまま終わってしまうケースも多いでしょう。



もちろん芸能人に限った話ではありませんね。


我々だって、無意識のうちに、噂になることを恐れています。


「○○が××のことを好きらしい」


と噂になったら、マズイ。


でも、どうしてマズイのでしょうか?


つまり、お互いが意識してしまうから。


「意識する」というのは、いい意味と悪い意味があります。


すでにお互いの愛を確認しているのなら、何も恐れるものはありません。


噂になろうが、どうということはない。


しかし、「流動的」という微妙な間柄なら、話は別。


この状態で、お互いがヘンに意識してしまうと、よそよそしくなります。


周囲の目を気にしてしまう。


その結果、「何かしっくしりしないなあ」と感じてしまうこともあるでしょう。


多少のことなら、何の問題もありませんが、大きな噂にまでなると、よそよそしさが生ずることになるかもしれません。


「自然に仲良くなっていく」というプロセスが、進行しなくなるのです。


なので、結論はこうです。


「自分は○○さん(○○君)のことが好きです」


などと周囲に言う必要はないのです。


あなたが誰を好きだなんて、「自分だけの秘密」にしておけばいいのです。


口外すれば、それは噂になって好きな人に伝わるかもしれません。


愛が成就すればそれでいいかもしれませんが、お互いよそよそしくなってしまう方が多いでしょう。


ヘンに意識してしまうからです。


これは、悪い意味での意識です。


関係が発展していく過程でのよそよそしさならいいのです。


でも、その前によそよそしくなったらうまくいかなくなる。


恋愛は「秘密裏」でいいのですよ。


当然ですが、ここでの「秘密裏」とは悪い意味ではありません。


「自分の殻に閉じ込もる」意味ではないのです。


むしろ、「自分の内面」に働きかけることで、いっそう愛情力がついてくるのです。



ここは重要です。



アプローチというのは、他人に対してするものではないのです。



自分自身に対してするものなのです。



それを誤解して、「追いかけまくる」ようなことをしているからうまくいかないのです。



他人に働きかけるのではありません。



「自分自身に働きかける」のですね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

他人に働きかけるのではありません。


「自分自身に」働きかけるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク