読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

名前の持つ力を恋愛や人間関係に生かす方法


こんにちは。上村です。



あなたは、


「名前に気を遣うこと」


ってないでしょうか?



僕は、


かつて予備校勤務をしていて、


生徒の名前に気を遣いましたね。



「何だ、全然生徒の名前を、覚えてないじゃないか」


と思われたら、信用問題。(笑)



例えばこんなことがありました。



教室で、


生徒に一人ずつ、


「答案」を返す時があります。



まだ、きっちり、生徒の名前を覚えていない時期。



一人、


「読めない名前」


の答案があったのです。



それまでは、「田中くん」「山本さん」「佐藤さん」と順調に返していたんですが、


その子の名前で、ハタと止まりました。



(何て読むんだろう?)



読み方が二種類あるとか、そういうのではありません。


難解な漢字だったのです。



一瞬、沈黙。



その後、僕の口から出た言葉は、



「学生証番号○○の人!」


でした。(笑)



(何でこの子だけ、学生証番号で呼ぶんだ?)


と自分で自分にツッコミました。(笑)



幸い、生徒は、


誰も気にしていないようだったので、よかったです。



あやうく笑い者になるところでした。(危ない、危ない)




それから、こんなこともありました。



自分の担当クラスに、


名字の同じ生徒が3人いたんです。



これは珍しいケース。



で、どう呼んだらいいか迷いました。


名字で呼んだら、どの子を指すかわからない。


かといって、下の名前で呼ぶのも、気が引けます。



そこで考えたのが、


「学生証番号○○番の××くん!」


という呼び方。



学生証番号はそれぞれ違うから、これならOKです。



しかし、人間に番号をつけるのは、どんなものか?



「鉄人」なら28号でいいですけどね。(ギャグがあまり冴えない)



よく考えてみれば、


フルネームで呼べばいいだけのことですね。(笑)



別に考える必要はなかったのです。(笑)



ところで、何で、


名前についてくどくど書いているかというと、


「名前の持つ力」の話がしたいのですね。



「名前で愛される方法」です。



では、次回のブログで、それについて書いていきましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「名前」は、その人にとって非常に大切なもの。


それは、恋愛や人間関係に生かせるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク