読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

ピンチはチャンスの愛され術


こんにちは。上村です。



ある人から、こんな「昔話」を聞いたことがあります。


学生だった彼は、卒業を控え、本格的に「就職活動」をすることになりました。


ところがです。



行き詰まってしまったのです。



自分が何をしたいのかわからない。



「適職」が見つけられないのです。


(自分はいったい何がしたいのだろう?)と彼は悩んだ。


生涯に渡ってそこで働くかもしれないのです。



自分に合った職種に就きたいのは当然。


でも彼には、それがいったい何か、見当がつかなかったのです。


あれこれ考えている内に、友人はどんどん「内定」をもらっていきました。


彼は焦りました。



でも、焦っても仕方がありません。



(とにかく動こう)と思ったのです。



バタバタと活動している内に、彼はこんなことを考えるようになったらしい。


「自分は、何をしたいかばかり考えていたけど、何をしたくないかを考えた方がいいのでは」


と。


「これだけはしたくない」というものならいくらでもあります。


したいものを探しても雲をつかむような感じだったので、逆発想をしてみたのです。


「したくないもの」をどんどん消していった。


いわゆる消去法。


テストの「選択問題」みたいなものですね。


絶対違う回答を消していって、最後に残ったものを選ぶわけです。


その場合はたいてい2つ残って、どちらにしていいか迷うものですね。(笑)


しかしそれはテスト問題の場合。


就職活動なら、残った職種を何社か受けてみればいいのです。


消去法で探して、やっと就職活動に明確な目標ができたわけです。


★「したいもの」を考えるのではなく、「したくないもの」を考える。


発想の転換ですね。


大きな話をすると、人間は発想の転換ができるからこそ、文明を発達させてきました。


発想の転換こそ、人間が持つ力。


それは、ピンチに陥った時、特に発揮されます。


ピンチというのは、新しい発想を取り入れるチャンスなのです。



都合の悪いことに心が萎えるのではなく、「自分を発展させる作るチャンス」として、とらえるべきなのです。



もちろん、それは簡単なことだとは言いません。



失恋した人に、未来に向けて頑張れと言っても、なかなか受け入れてもらえないでしょう。



でも、都合の悪いことの中に、「自分を大きく発展させるきっかけ」があるのは事実です。



都合のいいことが起こる前には、えてして都合の悪いことがあるものです。



では次回も、続きを書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

都合の悪いことは、都合の悪いことではありません。


都合のいいことを起こすための「試験」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク