読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

あなたの不安を取り除く話

こんにちは。上村です。


物理学者の「アインシュタイン」が、こんな「名言」を残しています。


『A=X+Y+Z』


何? これ名言?

と思われるでしょう。


これは、ある「公式」だそうです。


物理学ではありません。

「成功公式」だそう。


Aは「成功」 Xは「仕事」 Yは「遊び」 Zは「沈黙」

だそうです。


つまり成功は、
「仕事と遊びと沈黙の結晶」ということですね。


これら3つが合わさって、成功がもたらされるという意味。


この「公式」を、僕なりに考えてみました。


ここの「成功」とは、表面上の意味ではないと思います。


「自分自身を十分に活かすことができた」

ということが「成功の本当の意味」なのでしょう。


また、ここでの「仕事」とは、限定された意味ではなく、もっと広い意味だと思います。


「自分が人生で為すべきことすべて」です。


社会生活も、家庭生活も、その他、すべてのことです。


何かをしようとすれば、
自分なりの努力がいるのは言うまでもありません。


しかし、アクセクするだけでは、かえって能率が悪くなることもあります。


同時に、遊び心と言いますか、
「楽しむ心」が必要になってきます。


かつて僕の先輩が、
「成功の秘訣は、‘よく学びよく遊べ‘だ」ということを言っていました。


これも同じ意味ですね。


ここでの遊び心とは、
「飲めや歌えのドンチャン騒ぎ」という意味ではありません。


「心の余裕」という意味です。


それが、何かを成し遂げることに、いい影響を与えるのです。


そう考えると、現代人は、
心の余裕を失っている場合が多いかもしれません。


溢れる情報に振り回され、かえって何を拠り所にしていいかわからなくなってしまうのです。


もちろん、いろいろな情報があるのは便利ですが、それに振り回されると、気持ちがせかせかしてしまう。


嫉妬や羨望を刺激するような情報も、たくさん入ってきます。


ささいなことを心配してしまう。

恐れる必要がないのに恐れてしまう。

未来を不安に思う。


もちろん、昔の人だって、未来への不安があったでしょう。


終末思想のような迷信で、社会が混乱した時期もありました。


さすがに現代はそこまでのことはありませんが、
しかし、不安が内向してしまっている人も多い。


自分一人で、不安を抱え込んでしまう。


それではいけないのですね。


人生にもっと「楽しい要素」を取り入れる必要があります。


あ笑い番組を見るとか、そんな意味ではなく、「明るい視野を持つ」ということです。


心に余裕を持つのです。


そうすれば、未来の心配など、実は思い過ごしであることがわかります。


未来が不安なのではなく、自分が不安だから、未来が不安に思えていただけなのです。


「遊び」もまた、自分の人生の成功にとって必要なものですね。


繰り返しますが、ここでの遊びとは、夜中に飲み歩くとか、コンパにいそしむとか、そういう意味ではありません。


まさに、「心の余裕」という意味です。



ところで、さっき書いた法則に、
「沈黙」というのが加わっているのは、どういうことなのでしょうか?


「沈黙」と「成功」はどういう関係があるのか?


ここで大切なのは、「沈黙の意味」ですね。


文字通りの意味ではなく、
もっと「深い意味」だと考えます。


要するに、

「未来を心配せず、今すべきことをしよう」

ということですね。


今が未来を作っています。


あなたの今日の行動は、未来に影響を与えていきます。


「ああだこうだ」と無駄口ばかり叩いていないで、
しっかり未来を築いていくことです。


今、この瞬間が大切です。


それを、「沈黙」という象徴的な言葉で言い表したのだと、僕は思っています。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
未来を楽観し、今日の行動を大切にしていくことです。

そうすれば、きっと不安から逃れることができます。

未来が不安なのではなく、自分が不安だから、未来が不安に思えるだけなのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク