読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「春夏秋冬」の愛され術


こんにちは。上村です。



今回のブログは、一年をトラベリングしていただこうと思います。



やっと、長かった「夏」が過ぎていこうとしていますね。


夏は、ギラギラした熱気。


それとは裏腹に、「秋」は物悲しさを感じさせます。


夏の象徴が「花火」なら、秋の象徴は「枯葉」かもしれない。



どちらもキレイですが、その雰囲気は違います。


夏は出会いの季節。


でも、秋には、「はかない恋」が似合います。


夏と秋は隣り合わせなのに、この違いは何でしょうか?


その秋が過ぎれば、今度は「冬」ですね。


冬になると、秋の物悲しさもどこへやら。


寒くて、物悲しいどころではなくなります。


物悲しさというのは、まだ余裕がある状態です。



ところが冬になったら、沈んでいる場合でなくなるのです。


厳しい寒さに耐えねばならない。


切なくなっている場合ではないのです。


そこで、冬になると、「さあスキーだ」とか、一層張り切る。


寒さを積極的に受け止めて、それを乗り越えようとします。


「スキー」は、冬の辛さをハネ返そうとする人間の意識が作り出したものかもしれない。(僕の仮説です)


さて、その冬が終われば、「春」がやってきます。


ポカポカ暖かくなって、人の心も陽気になる。


新入生や新入社員が、活動を開始する。


「新たな門出」です。


厳しい冬を乗り越えたからこそ、そこに「喜び」がやってくるのです。


ところで、四季というのは、何も季節の話だけではありません。



我々個人にも、この「四季」があるのです。



「夏の時代」「秋の時代」「冬の時代」「春の時代」



そういうものが、誰しもあります。



それぞれには、それぞれの意義があるのですね。



「春のみでいい」というわけにはいかない。



他の季節があるからこそ、「春は何か」がわかるのです。



ずっと春だったら、春の有難さもわかりません。



お互いが「お互いの季節の意味」を教え合っているのです。



季節の四季を乗り越えることも大切です。



そしてそれ以上に、「個人の四季」を乗り越えることはもっと大切です。



それこそが、まさに幸せにつながるからです。



では次回も、続きを書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人の人生には、「春夏秋冬」があります。


どれも次へのステップにつながる、重要な「季節」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク