読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「忘れる」ススメ

こんにちは。上村です。


学生時代に、こんなご経験はないでしょうか。


学校のテストです。
問題を解いている最中、手が止まります。


(ここは覚えたはずなのに。答えは何だったかな・・・?)


勉強したはずなのに、ちゃんと覚えていないのです。


こういう時は悔しいですね。
解けそうで解けない問題は焦る。


結局そこで時間を取られ、
試験時間が足りなくなったりする。



あるいは、たまたま勉強を飛ばした箇所が
出題される場合もあります。


(どうしてここを勉強しなかったのか?)

と悔やむ。


そんな時に限って、試験終了後、友人が余計なことを言います。


「たまたま勉強していた箇所が出題されたよ。ラッキーだ」

と。


でも、試験結果は自分の方がよかったりして、
いったい友人は何を勉強していたのか不思議に思う。(笑)


まあ、そんなこともあるかもしれません。


試験というのは、当然ですが、「覚えること」に意識を向けますね。


覚えないと点がとれないから、当然です。


勉強はそれでいいのですが、
これが恋愛になると、少しやっかいになります。


好きな相手に関することを覚えるのはいいのですが、「余計なこと」まで覚えていることがある。


「あんなことを言った」「冷たかった」「他の異性とイチャイチャしていた」「誕生日に何もくれなかった」「メールを返してくれなかった」「食事の約束をドタキャンした」

などなど、ずっと覚えているのです。


こういう場合は、えてして「肝心のこと」は忘れてしまっていたりする。


ネガティブに汚染されて、大切なことを見失っています。


相手とのすれ違いばかりにこだわっていたら、寛容な気持ちが失われていきます。



そもそも、お互いに意思があり、置かれた環境があります。


「自分と一心同体になってほしい」と思っても、そういうわけにはいきません。


相手の人格はどうなるのでしょうか?


人格を認めないで、愛情とは言えないですね。


自分だって人格を認めてほしいはずです。


お互いに認め合って、お互いに支え合う関係ができていくものです。


小さいこと、過ぎ去ったことにいつまでもこだわるのは、やめようでありませんか。


恋愛だけでなく、人間関係も、あるいは仕事だって、「忘れるべき」は忘れる必要があります。


ネガティブを忘れれば、ポジティブが入ってくることでしょう。


照らされて、初めて実体がわかります。


「肝心なこと」も、「明るい見方」で初めて見つかっていくのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小さいこと、過ぎ去ったことにいつまでもこだわるのはやめよう。

「肝心なこと」は、「明るい見方」で初めて見つかっていくものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。



バックナンバー購入も可能です。 (どれも珠玉の内容です)





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク