読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「鉄仮面」と「取り越し苦労」の話


こんにちは。上村です。


突然ですが、あなたは、『鉄仮面の男』をご存知でしょうか?


1600年代、フランスに実在した「謎の囚人」です。


彼は、顔をマスクで覆っていました。


その顔を知る者は誰もいなかったのです。


「鉄仮面」は、牢獄で特別待遇を受けていました。


それはルイ14世の命令であったらしい。


それだけでも尋常でない人物だと推測できますが、彼の正体はわからない。


どうして牢獄に入ったのか?

なぜマスクをつけているのか?


もちろん、マスクをつけていたのは、恥ずかしがり屋だからではありません。


顔を知られては困るからでしょう。


「鉄仮面の男」は、30年以上に渡って獄中生活を送りました。


結局、誰も彼の顔を見ることはなかったのです。


それにしても不思議な話ですね。


この謎には、いろいろな説があります。


いずれにしても、「ルイ14世にかかわる何者か」が、その正体なのかもしれない。


何かの理由で顔を隠し、牢獄生活を余儀なくされたわけです。


その真実は、歴史の深い謎。


この鉄仮面は囚人です。


でも、「鉄仮面=謎の人」と仮定すれば、そんな人は、あなたの周囲にもいるかもしれない。


例えば、あなたが働いているとしましょう。


ひょっとしたら、あなたの会社の社長は、あなたにとって「鉄仮面」かもしれません。


普段は、話す機会がないのです。


自分にとって、ある意味重要な人物でありながら、その正体はわからない。


「社長は怖い人だよ」とか、いろいろウワサを聞くけど、実際のところは謎です。


いろいろウワサを聞くものですから、頭デッカチになって、「社長像」が実物より膨らむ可能性があります。


「ウチの社長って、きっと怪物に違いない」

と思うかもしれない。


ところが実際会ってみると、怪物でも何でもなかったりします。


普通の人なのです。


(ずいぶん思っていたのと違うなあ)と拍子抜け。


そうなると社長はもう、鉄仮面どころか「ビニール仮面」ですね。


会う前の怖さなど、「イマジネーションの世界」に過ぎなかったことがわかるのです。


あなたは、職場や学校や家庭で、悩みがあるかもしれない。

ヤキモキすることがあるかもしれません。

心配事もあるはず。


しかしそれは、イマジネーションによって、恐怖が倍化しているのです。


人間関係も、取り越し苦労をすると、悩みは深くなっていきます。


仕事でもそうです。


いろいろ考え過ぎると、「悪い結果」ばかりが頭にチラついて、ニッチもサッチもいかなくなります。


その結果、かえって事態を悪くするような言動をして、窮地に陥る。


しかしです。


『案ずるより生むが易し』の例え通り、心配事は過ぎ去ってみれば何でもなかったりします。


取り越し苦労ばかりしていたら、何もできなくなってしまいます。


電話一本にしたって、どうせしないといけないなら、今すべき。


すると意外にたいしたことがなかったりします。


取り越し苦労や心配は、「百害あって一利なし」です。


イマジネーションは、もっと生産的な方向に使っていくことです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
取り越し苦労や心配は、「百害あって一利なし」です。

「案ずるより産むが易し」なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク