読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

除夜の鐘を聞きながら、悩みを喜びに変える方法


こんにちは。上村です。


もうすぐ、「大晦日」ですね。


大晦日といえば、『除夜の鐘』


ゴーン、ゴーンという響きは、新年を迎えるにあたって「荘厳な雰囲気」があります。


お寺では、除夜の鐘を、108回鳴らします。


どうして108回なのかというと、それは「煩悩の数」であるらしい。


鐘で煩悩を打ち払って、新しい年を迎える。


「煩悩=心身を悩ます欲」ですが、108個もあるんじゃ、悩みが尽きないのも頷けますね。(笑)


108個というのは単なる比喩でしょうが、要するにそれだけ多いという意味ですね。


欲に振り回されたら、悩みが深くなるのはその通りです。


恋愛で、「あの人とお付き合いしたい」と思いが強くなればなるほど、悩みも深くなります。


会社で、出世したいと思えば思うほど、悩みが出てくる。


人間関係をよくしたいと思えば思うほど、嫌な人が目に付きます。


できるだけ欲を少なくすれば、悩みから逃れることができます。


でも、人間ですから、なかなか簡単にはいかないかもしれない。


恋愛で欲を持つなと言われても、そううまくいかない。


僕が思うに、欲自体に、いいも悪いもないはずです。


それを「どう扱うか」が鍵なのです。


欲に振り回されている人はますます状況が悪くなります。


一方、欲に振り回されないで、しっかりした自分を意識していたら、悩みも軽くなっていきますし、状況もよくなっていくでしょう。


ところで、「欲」とは何でしょうか?


そもそもそれは、本来向上心であったはず。


最初は、純粋な向上心だったのです。


ところが、それが自分の損得ばかり考えるようになって、欲が肥大化してしまったのです。


いってみれば、向上心が曲がってしまったものですね。


曲がったものは、もう一度真っ直ぐにすればいいということになります。


向上心はいいことです。


いいことは「いいことのまま」に発揮すべきです。


向上心を、欲や嫉妬に変えてはいけないのです。


自分の損得ばかり考えるようになったら、「向上心が欲に変わってきているぞ」と思い、それを正すこと。


人間関係も恋愛も、やはりそうです。


悩みが深くなったら、損得から離れてみることです。


純粋な思いやりを意識することです。


それは向上心なのです。


また、関係がうまくいくようになるでしょう。


では次回も、続きを書いてみましょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
欲に振り回されていると、人から敬遠されます。

損得ではなく、向上心に目を向けよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク