読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

新年に「サンタクロース」を招く話


こんにちは。上村です。


子供の頃、思っていたことがありました。


「サンタクロース」のことです。


サンタクロースは、世界中の子供たちにプレゼントを配ります。


「世界中の家に回っていたら、忙しいだろうな」

と。(笑)


もし何億人にプレゼントを要求されたとしたら、サンタクロースは大変になります。


「サンタ苦労す」になってしまう。(これが言いたくて書いたわけではありません)


「新年早々、夢のない話をするな」

とお叱りを受けるかもしれませんね。


でも僕は、夢のない話をしているわけではないのです。


それどころか、これ以上ない「夢のある話」なのですよ。


我々は、「何かをしてほしい」と願いますね。


それぞれ「ほしいもの」があるでしょう。


そのための行動もします。


しかし、いくら行動しても、なぜかカラ回りする人がいます。


これは別に、能力がどうかとか、そういうことではありません。


願いを叶える人は、「願い方が違う」と、僕は思う。


といっても、怪しげなおまじないをするとか、そんな意味ではありませんよ。


オカルト的な話ではありません。


「正しい願い方」とは、ただ一つですね。


★自分の持っている力が発揮できますように

という願いです。


「何かをしてくれ」「何かがほしい」ということではないのです。


「自分の持っているものを周囲のために発揮したい」ということです。


人間の素朴な思いですね。


自分が自分なりにできることをするだけです。


その中から芽生えてきた願望なら本物でしょう。


実現可能性も高くなる。


ところが、「願望先にありき」になると、それは逃げていきやすい。


自分の中で、はっきりした意思がないまま、「こうなればいいなあ」と思っているだけです。


目標を持てとか、そんなありふれたことを言っているのではありません。


願うなら、「自分自身に対して願おう」ということですね。


他人に何かをしてもらおうと願うのではなく、あくまで自分自身です。


「願い方」が大切なのです。


恋愛だってそうでしょう。


その願いの多くは、「あの人と恋人になれますように」という願いです。


でもそうではないのです。


『あの人を幸せにできる自分でありますように』という願いがいい。


願いの方向性が違うのです。


願いは、自己実現に直結してこそ意味があります。


自己中心的に願っても、うまくいかないものです。


ところで、『あの人を幸せにできる自分でありますように』というのは、特定の人だけではありません。


あの人とは、漠然とした対象でもいいのです。


とにかく、「自分がしっかりした人になる」という願いが大切です。


これはすべての願い共通することです。


例えば、多くの人は、「都合の悪いことが起こらないように」と願っています。


でも、人生には、都合にいいいこともあれば、都合の悪いこともあります。


「どんなことでも乗り切っていく自分になりますように」


と願うべきです。


いつでも、「自分自身に」願っていくことです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつでも、「自分自身に」願っていくことです。

「どんなことでも乗り切っていく自分になりますように」が大切です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク