読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

自分の人生を肯定して元気になる話


こんにちは。上村です。


「傷つけられた経験」
というのは、誰にでもあるでしょう。


心ない言葉を言われたこととか。


僕も昔、こんなことがあった。


ささいなことですが、大きく傷ついたのです。


僕は、「自動車の運転」が苦手です。


同じ場所に行くのに、他の人より時間がかかってしまう。


安全運転だからいいことだと思うのですが、職場では、「何時間かかっているんだ」などと思われてしまうことがあった。


ある先輩同僚に、こんなことを言われたのです。


「君は、○○から○○に行くのに、車を運転してどれくらいかかる?」

「さあ、40分くらいでしょうか」

「上村が40分で行けるなら、別の奴なら30分以内で行けるな」


これは、結構傷つきましたね。


今なら別のどうとも思いませんが、若い頃の話です。


車の運転の優劣など、どうでもいいことです。


でも当時は、どうでもいいことと思っていても、職場という環境の中で劣等感を覚えたのです。


先輩は冗談のつもりかもしれなかったのですが、冗談も過ぎれば単なる悪口。


しかし、一方で、そんな僕を励ましてくれる人もいた。


励ましてくれる人がいたからこそ、頑張れたに違いありません。


他人を傷つけて平気な人もいるでしょう。


一方で、傷つけられた人を勇気づけ、励ましてくれる人がいます。


どちらの側になりたいかといえば、もちろん僕は「励ます側」になりたい。


きっとあなたもそうだと思うのです。


励ませる人は、過去に傷つく経験をしたことがあるのでしょう。


単に経験しただけではなく、それをプラスに活かしたのです。


だから傷ついた人の立場に立って、勇気づけることができる。


そう考えれば、どんな経験も、自分にとっては財産になります。


都合の悪いことから、「都合のいいこと」を見つけることができます。


例えば、恋人とケンカをして、お互い好きなのに、別れてしまう人がいます。


一方、ケンカ後にますます仲良くなる人もいる。


もちろんケンカがいいと言っているではありませんよ。


関係が揺らいでも、また「元に戻す力」があるのです。


なぜでしょうか?


それは、「恐れないから」です。


本当の信頼と恐れは無縁です。


恋愛は単なる例ですが、日常で都合の悪いことはあるでしょう。


それにいちいちショックを受けていたら、そのうち何もできなくなります。


傷つくこともあるでしょう。


でも、それはあって当たり前なのです。


意図的に人を傷つける人もいるでしょうが、多くは自分でもよくわかっていないのです。


相手が傷ついていることがわからないだけです。


いずれにしても、そんな言葉には、何の力もありません。


だから、恐れてはいけないのです。


ビクビクしていたら、環境をよくすることはできません。


心の強さとは、シンプルなことです。


都合の悪いことを「都合のいいこと」に変えていく力です。


本当のプラス思考とは、こういうことですね。


例えば、失敗して、後に幸せになる人もいれば、そうでない人もいます。


幸せになる人は、事実は事実として認めて、前に進んでいくことができるのです。


一方、幸せになれない人は、「失敗なんてありえない」と思って、それを認めることができていない。


否定ばかりしていて、物事がうまくいくはずもありません。


「認める」というのは、スタートラインに立つ意味があります。


「いいこと」を見つけ出す下地ができたのです。


自分自身の人生を、否定ではなく、肯定すべきです。


やがて、「大きないいこと」をつかみとる力を得ることができるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
都合の悪いことを、都合のいいことに変えていく力。

本当のプラス思考とは、そういうことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク