読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

過去の消したい思い出を、未来のために生かす話


こんにちは。上村です。


突然、過去を思い出すことは、ないでしょうか?


ある時のことです。


僕は、スーパーに行きました。


商品を選んでいる最中、ふとお菓子に目がいった。


「チョコレート」がおいしそうだったのです。


ふと無性に食べたくなる時ってありますよね。


買おうか考えた時、突然「あること」が脳裏をよぎりました。


「昔の出来事」を思い出したのです。


それは、結構恥ずかしい過去。


若い頃の話です。


同じ職場に好意を寄せていた女性がいました。


彼女が、「チョコレート好き」だったのです。


それを知った僕は、彼女にチョコレートを渡そうとした。


喜ぶと思ったからです。


でも、バレンタインデーでもないのに、いきなり渡すものヘン。
(男性から女性に渡すバレンタインデーというのもない)


買ったのはいいのですが、どうしようか迷ったのです。


結局、手渡しをあきらめました。


では、どうしたか?


彼女の机の引き出しに、そっとしのばせたのです。


一応、簡単な文面を添えて、それを入れておいた。


今から考えれば、馬鹿なことをしたものです。


だってそうですよね。


もしあなたが、職場の机の引き出しを開けた時、チョコレートが入っていたらどう思うでしょうか?


文面が添えてあって、好意もない異性からのプレゼントだとわかったら。


「なんて素敵な人」とは、思わないでしょう。


不気味に感じるはず。


警戒するでしょう。


案の定、彼女は、それから僕に対してあまり口を利かなくなった。


それが原因かどうかわからないものの、かなり気味悪く思ったのでしょう。


何でもそうですが、コソコソしてはいけないのです。(笑)


これは、過去の消したい思い出です。


スーパーでチョコレートを見ていて、なぜか思い出したのです。


自分が忘れていることでも、結構恥ずかしいことをしたことがあるかもしれないですね。


そんなことを考えだしたらキリがありません。


人間はみんな不完全ですから、悪気はなくても、間違ってしまうこともあるでしょう。


でも、過去はもう終わったこと。


戻りたくても戻れないし、その必要もありません。


自分も他人も、過去の細かいことまであげつらったら、心安らかになることはできません。


格好よく生きている人なんていないですね。


一見「格好いい人生」のように見えても、それぞれいろいろと失敗や恥ずかしい経験をしているものです。


学生時代、クラスメートの前で、教師に怒鳴られたかもしれません。


上司に、みんなの前で叱られたかもしれません。


手痛い失恋をしたかもしれません。


人間関係で苦しんだかもしれません。


考えたら、いろいろあるでしょう。


その経験から、学べることがあります。


過去を思い悩んでいても何も学べません。


未来に向かって、今を精一杯生きる決意をした時、初めて過去の体験が生かされていくのです。


反省というのを、多くの人は勘違いをしています。


「真の反省」とは、過去をクヨクヨ思い出すことではありません。


過去にこだわることではないのです。


今にそれを生かしていく決意こそが、真の反省なのです。


未来を見つめるきっかけにすべきです。


反省ではなく、学びなのです。


ネガティブではなく、ポジティブなのです。


臆病ではなく、勇気なのです。


悩みではなく、決意なのです。


汚点ではなく、未来の指針なのです。


過去はもう終わりました。


今すぐ、未来のために生きるべき。


未来を作っているのは、「今」です。


今の態度こそが、未来の自分を決めていきます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━
過去はもう閉じられました。

「未来の扉」のみが開いています。

今が「未来への鍵」を作っています。
━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク