読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「寛容」の人生論


こんにちは。上村です。


テレビではよく、「討論番組」というものがありますね。


意見の違う者同士が、互いに意見をぶつけ合う。


どちらの意見に賛同するかは、視聴者が決めればいいわけです。


ところが同じ議論でも、職場の中だと、ちょっと事情が違うかもしれない。


テレビでは視聴者であっても、職場では「当事者」になる場合があります。


まるで激論番組のごとく、お互いが険悪なムードになることだってあるかもしれません。



これが家族間だったら、まさに当事者ですね。



夫婦間のいさかい、家族間での言い合いなどもあるでしょう。



何のために議論があるかといえば、お互いのいい部分を取り入れていくためです。



ところが、「自分の意見こそ本物。後は邪道」などと思ったら、意見の違う人はすべて敵になってしまう。



こういう人は、「寛容」という非常に大切なものを忘れてしまっているのです。



お互いがお互いの意見を押し付けあっていたら、トラブルになって当然です。



相手にも意思があるし、自分で正しいと思っていることを否定されたら、いい気分はしないでしょう。



お互いが尊重し合う中で接点を見つけていくことです。



正しい意見を、お互いが模索していけばいいのです。



もっといい意見にしていけばいいのです。



それでもどうしても接点がないなら、議論などやめることです。



さっさと議論などやめて、自分自身で正しいと思うことに磨きをかければいいでしょう。



他人を説得することが大切なのではなく、本当に正しいことを見つけることが大切なのです。



自分の人生の責任は、他人ではなく、自分にあるからです。



ちょっと学んで、すべてを知ったような気になるのは違いますね。



本を読んだだけで立派になるわけではありません。



自分が行う「行為」が大切です。



寛容、謙虚、勇気、誠実、前向き、思いやりは、知識ではなく、「実行」なのです。



そのためには、それなりの時間も必要です。



失望や挫折を経験して、初めて正しい考え方をしようという気になるものです。



完璧な人間などいないわけですし、自分だってどこかで間違いをしているかもしれません。



寛容になることが大切です。



寛容に強制はありません。



押し付けもありません。



寛容にすると、自分が損をしたような気になる人がいますが、これは全く逆です。



寛容を、自分の個性をなくすかのように考えてはいけません。



むしろ、どんどん個性が発揮されていきます。



本当の意味での個性です。



寛容は、どんどん自分を前向きにしていきます。



寛容は、自分に多くのものを与えてくれるのです。



正しい判断、正しい選択ができるようになるからです。



寛容になればわかることがあります。



もし相手が間違っていたとしても、それを自覚するのはその人自身です。



相手の気持ちを操作することはできません。


自分は、自分の意見を言うことはできます。


これはできることですね。


それを相手が受け入れるかどうかは、相手の判断なのです。


求め合ったらどんどん減っていきます。


でも、支え合ったら、どんどん増えていくのです。


人間関係も恋愛もその他どんな関係も、「いいもの」をどんどん増やしていく関係が大切です。


そうなれば、もはや「失うもの」は何もないでしょう。


どんな状況になっても、それを正しく受け入れて、ますます自分が「真の意味で」豊かになっていくはずです。



今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寛容になれば、失うものは何もなくなります。


すべてが、自分自身にとって必要なものであることがわかるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク