読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

束縛は少なく、愛は大きく、の話


こんにちは。上村です。



ずいぶん昔ですが、こんなことがありました。


テレビ番組で、好きな女性アナウンサーがいたのです。


(素敵だな)と思っていた。


ところがある時、「衝撃的な事実」を知りました。



実はそのアナウンサーは、「人妻」だったのです。(笑)



「衝撃的」というと言い過ぎですが、(結婚しているのか・・・)と少々落胆。



あなたには、そんなことはないでしょうか?



「そこまで嫉妬深くないよ」とおっしゃるかもしれません。



でも、似たような気持ちになった経験は、ひょっとしたらあるかもしれない。



もちろん、冷静になれば、これはおかしな心境ですね。



そのアナウンサーとは、知り合いでも何でもないのです。



自分とかかわりあうことはありません。



でも、そのアナウンサーが結婚していたら、なぜか切ない。(笑)



あなたが女性でも、似たようなことがあるかもしれません。


電車の中で、「素敵な男性」といつもいっしょになる。



ところがです。



ある日、その男性が、「恋人とおぼしき女性」と電車に乗っていた。



ちょっと落胆かもしれません。


あなたとその男性は、知り合いではないのです。


嫉妬しても意味がないのです。



いや、知り合いであろうがなかろうが、嫉妬していいことはないでしょう。


いったい「嫉妬心」とは、どこから来るのでしょうか?



それは、「独占欲」かもしれません。



独占欲が、「嫉妬」を引き起こす。



嫉妬に燃えると、相手を過剰に追いかけたりします。



「好意を受け入れてくれ」みたいな態度をとってしまう。



「これだけしてあげたのだから、返してほしい」と思う。



しかしこれは、自分の都合ですね。



本当に愛情とは、押し付けではありません。



「相手の意思を認めること」です。



その上で、支え合っていくことです。



恋愛にのめり込んでいる人で、「自分は愛情深い」と思いがちです。



でも、好きな人以外に対しては、結構冷淡な態度をとっていることもあります。



愛は本来、広がりのあるものです。



恋愛も愛ですが、それ以外にも「たくさんの種類の愛」があります。



極めて個人的な愛から人類愛に至るまで、幅広くあるのです。



「どうしてこれほど愛しているのに、相手は逃げていくの」と悩む人がいます。



一見矛盾なようですが、その「愛」を考えてみる必要があります。



個人的な感情を、相手の意思を無視して押し付けようとしていないかどうか。



押し付けでは、自分も相手も苦しくなっていきます。


恋愛が独占欲を伴うものであることはわかります。


でも、それがだんだん自分を苦しめていく。


そんな時こそ、「本当の愛」に気付くチャンスです。


辛いことや困難から得るものがあります。


愛情に悩んだ時は、「本当の愛」に目覚めるチャンスです。


人間はそれぞれ独立した意思を持ちます。


それぞれが自由であり、「自分の人生を自分で決める権利」があります。


極めて当然のことです。


その「当然のこと」をもう一度しっかり意識していくこと。


恋愛は、単なる一つの例に過ぎません。


独占欲は、様々なことで起こる感情です。


しかし、過剰な独占欲は、自分を苦しめ、相手を苦しめていきます。


独占欲から離れてみることです。


完璧は無理でも、がんじがらめの気持ちを解きほぐしてみるのです。


すると「見えてくるもの」があります。


お互いが意思を尊重し合うからこそ、真の愛情が発揮できるのです。


束縛しても、結局は苦しくなります。


本来の愛は、自分の心が本当の意味で満たされるものではなくてはなりません。


束縛を解き、相手の意思を尊重する気持ちを持つなら、多くのことはきっと解決していくでしょう。



今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

束縛から離れてみると、気持ちが軽くなります。


心が自由な時こそ、無理なく愛情が発揮できるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク