読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「立ち直る」話


こんにちは。上村です。



「立ち直りのプロセス」というものがあります。



何かショックなことがあった時、「ショックから立ち直るプロセス」を知れば、心を和らげていくことができます。



例えば、信じていた人に裏切られたとしましょう。



ショックで、落ち込みます。



しかしそれは、時間が経つにつれ、徐々にですが、事態を受け入れる気持ちに変化していきます。


忘れることができなくても、少しずつ明るい気持ちを取り戻していくのです。



大切なことは、今辛くても、それは「時間が少しずつ癒してくれる」という真理を知ること。


正しい知識は、正しい人生を歩ませてくれます。



もちろん受けたショックの度合いに応じて、癒され方も違ってくるでしょう。



比較的短期に立ち直る人もいれば、長い時間がかかる場合もあります。



上がったり下がったりもあるでしょう。



ただ、心というのは、ダメージを回復する力があります。



それは、上がったり下がったりしながら、徐々にダメージを和らげていきます。



その力に素直に従っていけば、だんだん明るいものを見ていくことができるのです。



例えば、恋愛でもあるでしょう。



好きな人との会話がギクシャクする。



相手がそっけないのです。



あなたは、会話を継続しようと焦る。



しかし相手はますますそっけなくなっていきます。


こういう場合、無理して話をしようとしても、うまくいかないものです。



相手にだって機嫌があるし、「いつも機嫌よく」というわけにもいかないかもしれない。


時間が経てば、また雰囲気も変わるでしょう。



相手がその気になるまで「時間を置けばいい」のです。



無理に絡む必要などありません。



ところが、その「待つ」ということができない人がいます。



相手の心を無理にこじ開けようとするのです。



しかしそれは、相手の心をますます閉じさせていくことになります。



例えば、相手の歓心を買おうと、誰かの悪口を言ったりすることがあるかもしれない。



共通の上司の悪口とか。



それで、お互いの距離を縮めようとするのです。


こういうのも、「相手の心を無理にこじ開けようとする行為」です。



若い頃に読んだ恋愛本の中に、「共通の上司の悪口を言って、お互いの同朋意識を芽生えさせよう」みたいなマニュアルがあった。(笑)


考えてみれば、むちゃくちゃな話です。


上司の悪口を言ったらダメとか、そういう意味ではありません。


ただ、他人の悪口や批判で結びつくような関係が、本当に長続きするとは思えません。


信頼を得ようとするなら、粗暴な言葉や悪口などを極力減らすことです。


「悪口で仲良くなろう」というのは違います。


仲良くなってから、愚痴なども言い合える仲になるでしょう。


愚痴を言い合うから仲良くなれるわけではありません。


一時しのぎを考えると、こういう行為に走ったりすることがあります。



一時的な歓心より、長期的な信頼です。


人間関係とは、もっと長期的なもの。



心配などいらないのです。



焦らず、落ち着くことです。



堂々として、明るい態度を維持することです。



視野を広げていくことです。



そうすれば、きっと物事は、しかるべきところに落ち着いていくでしょう。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一時的な歓心ではなく、「長期的な信頼」を得よう。


そのためには、もっと落ち着いて、堂々として、前向きになることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク