読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「弱肉強食はいらない」話


こんにちは。上村です。



「サッカーのワールドカップ」が近付いていますね。



勝利すれば、また日本中が大騒ぎになるでしょう。



とりわけ「サッカー」というスポーツは、人を熱狂させます。



攻守が常に逆転し、気を緩める間がない。



取れる得点が限られているので、ゴールの瞬間が刺激的。



そういった激しいスポーツですから、観ている側も興奮します。



楽しんで観ている分にはいいのですが、たまにスポーツ観戦の枠を逸脱するような人が出てきます。



特に海外では、「観客同士の乱闘騒ぎ」になることまであります。



国際試合ともなれば、国同士の罵り合いに発展することだってある。



そうならないように、特に差別的なことについては厳しくしていますが、当然のことでしょう。



ところで、スポーツですから、「相手チーム」と「戦って」いますね。



「どちらが多く点をとるか」、競い合っているのです。


しかし、よく考えてみると、果たして本当にそうでしょうか?



「競争に勝った」といっても、本当に競争に勝ったのでしょうか?



「勝負」がどうこう言っているのではないのです。


表面上だけを見て、「競争に勝った」というのは、本質を見逃していると思うのですね。


なぜなら、競争に勝つ前に、「もっと大切なこと」があるからです。



それは何か?



「協調」です。



サッカーは集団競技。



「チームワーク」が大切なのは言うまでもありません。


個人がいくら優秀でも、チームワークが悪ければ、勝負に勝てないでしょう。


ゴールを決めた選手ばかりがクローズアップされますが、そのゴールは「共同作業のたまもの」ですね。


パスをつないで、最後にゴールに入れる。


もちろん最終ゴールを決めた選手の活躍は大きいのでしょうが、チームワークを発揮して初めてそれが可能になります。


全員が、個人技でゴールをいれようとしても、うまくいかない。


それぞれが自分の与えられた領域で活動することによって、初めて「ゴール」が実現するのです。



では、サッカーはともかく、「個人競技はどうなんだ」という話になりますね。



1対1の競技です。



これももちろん、「協調の精神」があります。



トレーニングは、様々なものと協調しながら行っていますよね。


監督、コーチとの信頼関係があって、レベルアップができる。


練習相手がいて、練習ができるのです。


家族の協力も不可欠でしょう。


競技に集中できる環境があって、初めて全神経をそれに傾けることができます。



また当然ですが、応援してくれる「ファン」の存在も大きいでしょう。


努力をバックアップしてくれる多くの人がいます。



激しい競争社会、個人の実力社会のように見えるスポーツでさえ、協調精神がなければどうにもならないのです。



ましてや、我々の日常は、競争ではなく、「協調」から成り立っています。



「協調こそが大切」ということです。



「でも、日常では、競争があるじゃないか」という人もいるでしょう。



仕事も勉強も、確かに競争の面はあるでしょう。



しかしそれは、日常全体から見れば「ごく一部分」です。



一部を全部と思ってはいけません。



いろいろなことがあっても、根底には協調精神があるからこそ、社会生活が成り立っています。



進化した社会では、「調和」の中に快い活動を見出すのだと僕は思います。


争いで幸せになることはできないのです。


ここで言う「協調」とは、他人に愛想を振りまくとか、そんな意味ではありません。


表面的な意味とは、全然違うのです。



簡単に言うと、「心の調和」です。



調和あるところには、平和があり、善意があります。



不調和なところには、争いとトラブルがあります。



奪い合いは、不調和の最たるものです。



個人にもそれは言えますよ。



求めてばかりいると、だんだん不調和になってきます。



奪おうとばかりすれば、不満や不安が高じてきます。



損をしたくないという思いが不調和を招き、それがかえって「大損」に結びつきます。



ここでの大損とは、「精神的な損」です。



もっと、寛容な気持ちを持って、大切な自分の人生を明るく愉快に生きることです。



それが、「協調や調和への道」です。



そうすればきっと心も安定し、物事がうまくいくようになるでしょう。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「競争のワナ」に陥ってはいけない。


奪い合いでは、あらゆるものが逃げていきます。


「協調」や「調和」こそが本質です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク