読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

どうして奪い合うと、いろいろなものが逃げていくのか?


こんにちは。上村です。



「恋愛」で、悩みをかかえている人がいるとしましょう。


好きな異性のことを、いつも考えている。


その異性に対して、「他の人」が好意を抱いているよう。


気が気ではありません。


「奪われやしないか」と、いてもたってもいられなくなる。



そこで、無理に異性の気を引こうとします。



しつこくしてしまうのです。


それに比例するように、相手は遠ざかっていく。



どうしてこんなことになるかというと、「競争のワナ」に陥ったからです。



「ライバルに勝ちたい」と思って、自意識過剰になったのです。


でも、恋愛は「競争」ではありません。



相手の異性だって、競争の対象にされたら、たまったものではないでしょう。



恋愛は単なる例です。



愛情全般も同じです。



「愛情」と「競争」は、無縁のもの。



あなたが相手のことが好きなら、それでいいではありませんか。



何を恐れることがあるのでしょう。



他人と比較する必要も全くありません。



競争の必要も全くないのです。



人間関係全般も同じですよ。



もっと言えば、「人生全体」もそうです。



「競争的思考」ではなく、「調和的思考」が大切です。



これは、自分を押し殺して、相手に合わせるというような意味ではありません。



表面的なことではないのです。



「自分自身との調和」です。



心を落ち着けることなのです。



焦りを捨て、心配を捨て、恐れを捨てる。



ただ、自分に与えられた「今すべきこと」を忠実にしていけばいいのです。



そうすれば、いろいろなことがもっとうまくいくはずです。



幸せは、奪い合いではありません。


奪い合わなくても、いくらでも幸せは用意されています。



むしろ奪い合おうとするから、自分自身の調和が乱れていくのですね。



そこに気付けば、自ずから物事がいい方向に向かっていくでしょう。



例えば、こんなことを考えてみてくださいね。



また恋愛を例に出して恐縮ですが、ある人が、どうしても恋人がほしいと思っています。



男女が集まる「飲み会」のようなものに参加します。



その人は、「いかにして恋人を見つけるか」ということばかり考えています。



素敵な異性がいたので、二人きりになろうとする。



こういう場合は、たいてい失敗するかもしれない。



あくまで自然な流れでそうなるならいいのですが、無理に自分の都合を相手に押し付けても、うまくいかないのは当然です。



「たとえよくない反応であっても、無視されるよりいい」と思う人もいます。



でも結局、それはあまり意味のないことです。



極端になると、「相手を怒らせても自分に注意を向けたい」などと考える人がいる。



相手にとって、「やっかいな人」になってしまう。



そんなことをしなくても、愛情は存在すべきところに存在するのです。



無視されることを恐れる必要など、全くありません。



気の合わない者同士は自然に離れていくし、気の合う者同士は自然に引き合います。



そう割り切ればいいのです。



そうすれば、焦りとは無縁になって、心の調和が生まれます。



「得よう得よう」としなくていいのです。



人間ですから、独占欲が生じることもあるでしょう。


しかし、「独占」では結局何も生まれません。


ただ、自分をそのまま見てもらえばいいのです。


そして自然に引き合うのがいいのです。


肩に力を入れ過ぎず、もっと気を楽にしていけば、かえっていろいろなことがうまくいくようになるでしょう。



今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━

愛情は、競争ではありません。


もっと落ち着いたものです。

━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク