読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「愛想」の法則


こんにちは。上村です。



「無愛想な人」というのは、いるものですね。



あなたの周りにも、いるのではないでしょうか。


職場で、「おはようございます」と声をかけて、ムスッとしている人とか。



あまり印象は良くありません。


でも、どうしてそんなに無愛想なのか?



原因はいろいろ考えられます。


まず、「本当に無愛想な場合」ですね。


「余の辞書に社交という文字はない」みたいな感じ。



ただ、こういう人は、比較的少数だと思います。



あるいは、「慣れ」というのもありますね。



職場などでも、年長者になると、挨拶されるのが当たり前になってくる。



すると無愛想になる人がいます。



もちろんそうならない人もいます。



その人の心がけの問題ですね。



ところで、もう一つ原因があります。



「人見知り」する場合ですね。



これは、意外に多い。



恥ずかしがり屋で、しっかり返事ができないのです。


しかし、どんな理由でも、挨拶を流されたらいい気持ちはしませんね。



人間生活の中で、挨拶が必要な場面があります。



ところがです。



不思議なことに、いくら愛想よくしても相手が引いていく場合があるのです。


「いつも笑顔を心がけている。なのに、相手に敬遠されてしまう」


と嘆いている人がいます。



なぜでしょうか?



社交では、愛想も必要でしょう。


でも、「作られた愛想」は不要です。


「わざとらしい笑顔」は、かえって相手が引いていくかもしれない。


大切なのは、「内面」ですね。



つまり、「心の機嫌」がよければいいのです。



これが本当の意味の、「愛想よさ」です。



人の気持ちをつかもうと、愛想ばかり気にしても、あまりうまくいきません。



人間ですから、いろいろな表情があっていいのです。



おもしろくもないのにヘラヘラ笑っているわけにもいきません。



外面は、内面の反映ではないでしょうか。



印象は、内面によってずいぶん変わります。



顔は同じですが、雰囲気は変わるのです。



だから、結論的にはこう。


「機嫌よくしてればいい」ということですね。



「顔」の話ではなく、「内面の話」です。


作り笑顔はいらない。「内面の機嫌」がよければいい。



例えば、恋愛でよくありますよね。



恋愛で焦って、ヘタに相手を追いかけ回すのです。



もっと相手が離れていくでしょう。



そういう人は、追いかけるのに疲れていても、苦痛に感じていても、それをやめることがきないのです。



内面の落ち着きをなくした証拠です。



むやみやたらに、ホメたり、ケナしたりする人も同じです。



ホメ方の極意などというものがありますが、そんなことをいくらしても無駄です。



内面がついていっていないからです。



本当に心から賞賛しているならいいのです。



でも、もし、自分の印象をよくしたいだけなら、意味がありません。



あるいは、ケナすことも同じです。



これも、形を変えて、自分に注目を集めたがっているのです。



もちろん、ケナされて嬉しい人はいないでしょうから、これほど無駄な行為はないでしょう。



作為的なことはやめて、もっと、自分が前向きになる考え方をすべきです。



相手の機嫌ではなく、「自分の機嫌」です。



周囲がどうであれ、自分の機嫌がよければいいではありませんか。



他人に求めるのではなく、「自分自身」に求める。



そうすれば、あくせくしなくても、自然に必要な人と打ち解けていくでしょう。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「愛想」とは「内面」です。


作為的なことはやめて、自分が前向きになる考え方をすることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク