読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

たまに優しくされて、申し訳ない気持ちになった人の話


こんにちは。上村です。



「好きな人が冷たい」と、悩んでいる女性がいました。


ところがたまに、相手が優しい時がある。


するとその女性は、何となく「申し訳ないような気持ち」になるらしいのです。


「自分も好意を返さなくては」と思う。



ところが、好意を伝えようとすると、相手はまた冷たくなってしまうそうです。



どうしてこんなことになるのでしょうか?



相手が好きな人ですから、示してくれた好意に、「寸分の違いのない好意」を返す必要性を感じたのです。


しかし、愛情は「契約」ではありません。


どちらが多いとか少ないとか、そんなことを言っていたら、誰とも付き合えなくなってしまいます。


相手が本当に冷たくなったのかどうかはわかりません。


自分があまりに敏感になり過ぎて、相手のささいな態度を、過度に考えるようになったのかもしれません。


例えば、「友人関係」で考えてみましょう。


友人同士で、そんな厳密な「貸し借り」を考えるでしょうか。


お互いが好きだから付き合っているわけで、それ以上の理由はありませんね。



でも、恋愛では、ささいなことが過度に気になったりすることがあります。



彼女は、力んでしまったのです。



肩に力が入り過ぎて、その結果、かえって相手を遠ざけてしまったのです。


相手が優しいとすれば、それは「そうしたいからしているだけ」です。



見返りのためにやっているわけではないでしょう。



それを「申し訳ない気持ち」になるのはおかしいですね。


自分だって、誰かに親切にするのを、いちいち見返りを求めているわけではないでしょう。



そんな損得勘定だけで動いていたら、その内何もできなくなってしまいます。



親切とは、もっと積極的な行為です。



「自分の意思」なのです。


本来、相手の行動に振り回されるものではありません。


相手の行動いかんで、親切にするしないを決めているのでは、いったい自分の意思はどこにあるのでしょうか?



もっと「素朴な気持ち」になる必要があります。


ガチガチに考えていると、相手のちょっとした行動が不誠実に思えてきます。


「自分がこれだけしてあげたのに、アイツは何だ」みたいな気持ちになる。



でも、そんなことを考え出したら、「相手が自分に優しくする回数と、自分が相手に優しくする回数が同じでなければならない」みたいなことになってしまいます。


この考えがいかにおかしいかは、言うまでもありません。


そういうものを乗り越えたところに、真の結びつきがあるのです。



焦りや心配とは無縁なものです。



親切や優しさとは、対価ではなく、「素朴な行為」なのです。



表面的なことにとらわれてはいけません。



深い部分ですね。



深い部分での理解こそ、「真の関係」ににつながっていくでしょう。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

好意はもっと自由であり、素朴なものです。


それが、「真の結びつき」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク