読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「人生の最寄駅」を見つけて安心する方法


こんにちは。上村です。


まず最初に、「怪談」を一つ。(笑)


ある人がいました。


彼は、職場から帰宅途中、電車の中で寝てしまった。


ウトウトではなく、本格的に。


気付くと、降りるべき駅を過ぎていました。


何駅も通り過ぎていたのです。


慌てて、「反対方向の電車」に乗り換え。


もちろん元に戻るためです。


ところが、その電車の中でも、グーグー寝てしまった。


またまた最寄駅を行き過ぎたのです。


「いつまでも自宅に帰れない」という、「怪談」です。(笑)


だいたいにおいては、ウトウトしても、降りるべき駅がきたら、ハッと目が覚めるものですね。


よほど疲れていたのかもしれません。


ところで、僕自身も、若い頃に似たようなことをしていました。


「恋愛」でそんなことをしていたのです。


もちろん、電車で寝て、デートの待ち合わせ場所に行けなかったという意味ではありません。


そんな現象的なことではなく、もっと深い部分で、「好きな人に会えなかった」のです。


こちらが本気になればなるほど、なぜか相手は逃げていく。


追いかけても、逃げるばかり。


まるで、いつまで経っても最寄駅に着かない感じ。


どうしてでしょうか?


特に理由はないでしょう。


「縁がなかった」というだけかもしれない。


ただ、僕自身、今から考えると、多くの反省があります。


相手のことも考えず、自分の願望だけを叶えようとしていたのです。


今から思えば、うまくいかなくてよかったと思います。


なぜなら、なまじそんなことでうまくいったら、「大きな勘違い」をしていたかもしれないからです。


その時はよくても、後々困ったことになっていたでしょう。


物事には、「潮時」があります。


たとえ電車の中で寝ていても、最寄駅が近づけば目が覚めるようなものです。


ところが、自分自身が不調和になると、そういったタイミングが悪くなることがあります。


そういえば、若い頃読んだ、「恋愛本」に、「恋愛は押しの一手」などと書いてありました。


そんな「陳腐な言説」に惑わされて、自分自身を見失っていたのですね。


不調和の原因を自分で作っていたのです。


当たり前ですが、押しの一手など、相手のことをまるで考えていない証拠です。


いや、恋愛だけではありません。


恋愛は単なる例です。


「人生」そのものにタイミングがあります。


タイミングは、自分の都合というよりも、「人生の都合」です。


早い遅いも関係ありません。


「最寄駅で目を覚ましたい」というのは自分の都合です。


でも、「最寄駅で目を覚ますべき」というのは、人生の都合です。


願望ではなく、そうすべきだからそうするのです。


それが本当に必要なものなら、必ず「最寄駅の前で目を覚ます」のです。


いいタイミングを得るためには、自分が調和していることが大切です。


過去のことをクヨクヨ後悔したり、未来のことを心配していてはいけません。


焦らなくてもいいのです。


さっきの恋愛で言えば、追いかけるというのは、要するに焦っているからですね。


「早く恋人にしたい」「別の人にとられたくない」そんな気持ちが、どんどん焦りを募らせる。


そこに、不調和の原因があります。


焦るのは、独占欲が過剰になっているから。


「この関係が壊れたらどうしよう」とビクビクすることも、不調和です。


人生は必要な人と出会い、離れるべき人は離れていく。


出会いがあれば別れがあり、別れがあれば出会いもあるのです。


そう割り切って、自分の人生を信じることです。


そうすれば、きっと人生は、多くのものを返してくれるでしょう。


これがまさに、「調和」だと考えます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
後悔しなくていい。心配しなくていい。

人生は、あらゆるものを提供してくれます。

「自分の人生」を信じることです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク