読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

今すぐできる「行き詰まった関係打開術」


こんにちは。上村です。



スポーツの世界では、「たら・れば、は禁物」と言われています。



「こうしていたら勝てただろう」「もう少し冷静になっていれば」など、「~たら」「~れば」ですね。


「後悔しても仕方がないぞ」ということです。


終わったことを悔いても、元に戻るわけではありません。


もちろんこれは、スポーツの話だけではありませんね。


仕事でもそうでしょう。


例えば、仕事で、何かミスをしたとします。


上司から注意される。


「たまたま失敗しただけです。自分の実力はこんなものではありません」と言っても、「だから何なんだ」と言われてしまいますね。


もちろん、誰でも後悔はあるし、言い訳だってしたい。


自然な感情として、そういうものはありますね。


でも、いくら後悔しても、どうしようもないこともわかっています。


恋愛でもそうですね。


「あの時、あんなことを言わなければ、別れることになってなかったのに」


みたいなこともあるかもしれない。



しかし、それが「別れの原因のすべて」ではないでしょう。


原因は、いろいろな積み重ねです。



心のすれ違いの積み重ねが、最終的な結果を導いたのです。



よほど大きな出来事ならともかく、通常は「小さな出来事」の積み重ねです。


一時的なものではありません。


それをしたからどうということではなく、別れるのは、心が通じなくなったからでしょう。



言葉は、心の反映に過ぎません。


つまり、自分の心が複雑な感情に支配され過ぎたからなのです。


「キミのことが大好き。でも大嫌い」なんて、矛盾した感情が湧いてくることがありますね。


恋愛にはありがちですが、それがもっと複雑になっていくとどうなるか?


「好き、嫌い、好き、嫌い、どうでもいい、どうでもよくない・・・」


など感情がグルグル回って、相手に対して複雑な思いになっていきます。



こういう状態では、相手の方も疲れてくるでしょう。



逃げたくなってくる。



相手が心変わりしたということもあるでしょう。



でも、「自分もまた心変わりした」のですね。



それに気がつかず、相手にフラれたと思ってしまうこともあります。


では、どうしたらいいかということですが、一番簡単なのは、気持ちをリセットすることです。



といっても、複雑な感情をすぐさま元に戻すことは難しいかもしれない。



そこでこう考えます。


出会った時の、素朴な感情を思い出すことです。


その時は、複雑な感情はなかったはず。


(いい人そうだなあ)(素敵な感じだなあ)という、素朴な思いだったはずです。



だから、うまくいっていたのですね。



そうやって、気持ちをリフレッシュさせて、後は相手に任せればいいのです。



相手の気持ちが戻らなければ、「元々相性が合っていなかった」と思うことです。



相手の態度が変わってきたら、またうまくいくかもしれません。



しかしそれは、相手のことですから、自分ではどうしようもありません。



自分にできることは、自分の複雑になった気持ちを、ニュートラルにしていくことです。



そうすれば、自分が本当にその人を好きで、信頼しているかどうかもわかってくるでしょう。



単に気持ちが高ぶっていたに過ぎないことだってあります。



「初心忘れるべからず」と言いますが、それは単に「初めの気持ちに戻る」ということではありません。



いろいろなことを経験して、それを乗り越えた先の「初心」とは、もっと磨きがかかった深いものになります。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「原点」を思い出そう。


それが、行き詰まった関係を打開する方法です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「愛し愛されるための真実の話」



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク