読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

終電に間に合わなかった日に知った「愛される話」

こんにちは。上村です。


僕が若い頃、こんなことがありました。


仕事で遅くなったのです。


「終電」に間に合わなかった。


タクシーで帰るにも、家が遠いので、お金がかかります。


結局、「外」で夜を明かすことにしました。


始発の時間まで、待とうとしたのです。(根性です)


翌日(もうその日になっていますが)は仕事が休みなので、問題はありません。


時期的にも、過ごしやすい気候だったし。


「まあ、大丈夫だろう」と思ったのです。


それがまさに、苦労の始まりでした。


始発まで6時間ほどあります。


「6時間なんてあっという間」

と思ったのですが、全然そんなことはなかった。


「何もしない6時間」は、強烈な長さです。


しかも、外にいるのですから。


まず、「24時間営業のファストフード店」に入りました。


しかし、「ファストフード」で、「ロングタイム」を過ごすのは、論理矛盾ですね。(笑)


結局30分くらいで、店を出ました。


(これからどうしよう)と思ったのですが、こういう時、頼りになるのは「コンビニ」です。


雑誌でも立ち読みすれば、時間も経つでしょう。


(適当に雑誌を立ち読みしよう・・・)

と思ったのですが、しかし問題が。


立ち読みなので、足がしびれてきました。


やはり長くは続きません。


残念ながら、そこも30分もいることができず、外に出ました。


まだまだ夜更けです。


始発まで、約5時間。


この5時間をいかに過ごすか?


僕は考えました。


その時、「グッドアイデア」がひらめいたのです。


僕はもう一度、コンビニに引き返しました。


「文庫本の小説」を買おうと思ったのです。


それを、公園のベンチで腰掛けて読めば、結構時間が潰れるはず。


ライトノベルがいいですね。


短編のミステリー小説などが、適当かもしれません。


推理しながら読めるので、時間も潰れそう。


でも、頭が疲れているところに、推理などしている場合でもないかもしれない。


そもそも推理小説自体、そんなに好きではない。(結末だけ知りたいタイプです)


それはともかく、適当な本を買いました。


本を片手に、公園のベンチへ。


読書しながら、終電を待つ作戦です。


ちょうどいい具合に公園があったので、ベンチに腰掛けました。


(さあ読むぞ)と思った瞬間、「重大なミス」に気付いたのです。


我ながら、どうしてこんなことに気付かなかったのか。


そうです。


暗くて読めないのです。(笑)


ショックでした。


こうなればヤケだと、ベンチに横になりました。


太陽が恋しい。


これほど朝を待ち焦がれたことはありません。


太陽はどこへ行ってしまったのか?


もちろん、どこにも行っていません。


夜だから見えないだけです。


実際の太陽は、見えようが見えまいが、ずっと輝いているのです。


今、日本が夜中なのは、地球の都合です。


別の地域では、朝や昼があります。


太陽はいつだって輝き続けています。


そう考えると、何かとても「大切なこと」を感じたのです。


もし自分が「太陽」だとしましょう。


日が暮れようが暮れまいが、「自分自身」はずっと輝いています。


地球がどうであれ、火星がどうであれ、自分は常に輝いています。


「本当の自分」は、太陽のようなものですね。


日が暮れた、日が昇ったとか、関係ないのです。


常に輝いているのです。


表面的なものをみれば、一時的です。


でもその奥には、「どんな時でも輝いている太陽」があるのです。


「幸せ探し」と言いますが、実際それは探す必要もなくて、すぐそこに「厳然とある」のですね。


出会いも、喜びも、楽しさも、外部にあるのではありません。


「自分の中」にあるのです。


と僕は、そんなことを思いました。


これぞまさに、「太陽がくれた季節」ならぬ、「太陽が教えてくれた本当の自分」なのです。


何事も「自分から」始まります。


周囲がどうであれ、自分は自分のことをちゃんとしていれば、また運は向こうからやってくるでしょう。


輝く場所を求めて、さまよい歩く必要はありません。


自分自身が、輝いているのですから。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
見なければいけないのは、「本当の自分」です。

すべて自分から始まります。

他人がどうか、環境がどうかではないのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、最強会話術のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク