読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

あなたも私もあの人も、恋愛も人間関係も、みんな「対等な関係」という話

こんにちは。上村です。


昔、僕が働いていた職場に、こんな同僚がいました。


例えば、誰かが「退職」しようとします。


すると、必ず強引に引き止めるのです。


引き止めることが義務であるかのように、その人は考えていました。


もちろん、辞めてしまうのを残念に思って、「もう一度考えてみないか」くらいのことは言うこともあるでしょう。


しかし、彼の場合は明らかに度が過ぎていました。


相手の都合など、まるで眼中になかったのです。


まるで自分の「説得力」を試しているかのような、そんな感じすらしました。


当然ですが、最も優先されるべきは「本人の意思」です。


自分の人生だからです。


自分の人生は、自分が決めます。


個人個人の人生は、「その人自身」が決めるべきことです。


当然のことですね。


相手のことを考えて、思いやりから発するものならいいのですが(それでも強引に変えさせるわけにはいきません)、彼の場合は違いました。


単に、押し付けていただけだったです。


「自分がこうだから、相手もこうすべき」
「相手がこうだから、自分もこうすべき」

などと考える。


これは協調ではなく、単に「気持ちの押し付け」です。


自分の思いは自分のもの。相手の思いは相手のものです。


「意思を認め合うこと」が大切です。


その上で、協力し、支え合っていくのが、真の「協調」ですね。


押し付けは、主従関係です。


どちらが主で、どちらが従かわかりませんが、いずれにしてもそれではうまくいきません。


お互いが「対等な関係」になるべきです。


「なるべき」というか、元々そうなのです。


「ご主人様」などいません。


もちろん、「奴隷」もいません。


お互いが対等な関係として、お互いが思いやること。


そのためには「自由」が必要です。


振り回されたり、振り回したりしても意味がありません。


「心の自由」を手に入れることです。


ここまで書けば、「自由」と「わがまま」が、全然違うものであることがわかると思います。


例えば、恋人がいるのに浮気をする人は、一見、自由恋愛をしているように見えるかもしれませんが、それはもちろん違います。


自由どころか、自分で「不自由」にしているのです。


なぜなら、自分の行為が、いろいろな人を傷付けていることをわかっていないからです。


そして、自分自身をも傷付けているのです。


そのことに気が付かないほど、心が「凝り固まっている」のです。


心が「柔軟」になれば、お互いの意思を認めて、尊重し合うこともできるようになります。


そうすれば、いい環境を作っていくことができるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みんな「対等な関係」です。

にもかかわらず、自分で勝手に「不平等」にしている人が多いのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、「真理的会話術」のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク