読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

人より遅れても、全然気にしなくていい話

こんにちは。上村です。


前回のブログで、「派手な輝きも、大きな歓声もいらず、ただ自分自身に徹していこう」という話をしました。


それこそが、「本当に輝く人」です。


一時的なことにこだわってしまうこともあるでしょう。


例えば、恋愛などもそうですね。


相手にいい印象を与えようとするのは、いいのです。


ただ、そのために、必要以上に「自分をひけらかす」場合があります。


しかし、相手を幻惑しようとしても無駄です。


その人の実体は、たとえ一時的にはわからなくても、長期的にははっきり現れてきます。


見栄ばかり張っていると、自分も疲れるし、わけがわからなくなっていくものです。


そんなことに労力を使うより、もっと「素朴なこと」を大切にすべきだと考えます。


恋愛でいうなら、あなたがその人を好きなら、それでいいのではないでしょうか。


それ以外、何か必要なことがあるでしょうか。


「どうやってアプローチしようか」「毎日好意を口にすべき」とか、余計なことを考えるからかえってギクシャクしてしまうのです。


好意は自然に「伝わる」ものです。
好意は自然に「形になる」ものです。
好意は自然に「行為になる」ものです。



「無理に」ではありません。
「自然に」なのです。


好きな人というのは、「鏡」みたいなものですね。


相手を通じて、自分自身を映し出す。


自分の気持ちが揺らいでいたら、相手も揺らいでいるように感じるものです。


自分がどっしりしていれば、相手の心変わりなど気にならなくなります。


結局それが、「落ち着いた関係」を育んでいくでしょう。


もちろん、恋愛だけの話ではありません。


様々なこと、人間関係も、友情も、日常も、家庭も、仕事も、勉強も、すべてそうです。


「素朴な自分」を大切にしていく。


素朴な自分を発揮していくためには、焦らないことです。


一時的なことに、いちいち右往左往しないことです。


心配してはいけない。恐れていてはいけない。


落ち着くことです。どっしり構えていいのです。


先のことを心配しなくても、その時その時で、適切に判断していくことができるものです。


人より遅れても、全然構いません。


むしろ、遅れた方がいい場合がたくさんあります。


歩みというのは、競争ではありません。


人より先に行っていたとしても、実は錯覚であることも多いのです。


なぜなら、人生の競争とは、陸上競技ではないからです。


対抗相手はなく、ただ「自分の歩み」だからです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
人より遅れても、全然構いません。

人生の競争に、対抗相手はいません。

ただ「自分の歩み」なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、「真理的会話術」のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク