読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「すれ違い」にも愛がある話

こんにちは。上村です。


以前、こんな会話を聞いたことがあります。


男性二人がしゃべっていました。


「君は、僕の友達だよな」

「そうだっけ」


もちろん、ジョークです。


仲のいい相手だからこそ、そんなことが言えるのかもしれない。


その会話を聞いて、僕は思ったことがありました。


‘友達‘って、いったい何だろう?」

と。


「友達の定義って何?」と思ったのです。


ちなみに辞書を引いてみると、「友達=親しく付き合っている人」とある。


では、「親しさ」とは何でしょうか?


辞書で、「親しい」を引くと、「仲がよい」とある。


じゃあ、「仲がよい」って何?


キリがありませんね。


こんなことばかり考えていたら、それこそ友達がいなくなってしまう。(笑)


一口に「友達」といっても、様々な形があります。


「これが友達」と、決まったものはないのです。


お互いが友達だと思えばそうなのであって、「内面的なこと」です。


恋愛だって同じですね。


「恋愛の定義」はありません。


ちなみに、「恋愛」を辞書で引いてみると(もういいか)、
「男女が互いに恋い慕うこと」と書いてある。


では、「‘恋‘とは何?」となって、また堂々巡りが始まります。


これが恋愛だと決まった形はありません。


話のついでに言うと、「青春」もそうですね。


「これが青春だ」という昔懐かしいテレビドラマがありますが、青春にも決まった形はない。


「充実している時こそが青春」と考えれば、もちろん年齢は関係ありません。


幾つになっても、昔の学園ドラマのごとく、太陽に向かって砂浜を走っていいのです。(笑)


そこで、さっきの「友達」に話を戻しましょう。


「耳の痛いことも言ってあげるのが友達」

と言う人がいます。


確かに、それはそう。


一方で、本音を言ったら、「それでも友達か」と言われることもあります。


励ましが必要な時に叱咤しても、意味がありません。


その微妙な呼吸が合っているからこそ、まさに「友達」と言えるのでしょう。


「友人の定義」などないですね。
「恋人の定義」もない。


何でも定義を決めないと気がすまないなら、そこから一歩も抜け出すことはできなくなります。


「恋人はこうあるべき」
「友人はこうあるべき」
「職場はこうあるべき」
「家庭はこうあるべき」
「学校はこうあるべき」

と考える。


でも、必ず、「こうあるべき」から外れたことがあります。


そこを補えるからこそ、愛情なのです。


「違いを認め合うこと」

真の愛情があればこそ、それが可能になります。


求めることに意識がいってしまうことがありますね。


「これだけ優しくしてあげたのだから相手も返すべきだ」などと思う。


しかし、こうしたからこうすべきというのは、まさに「定義」でガチガチになっているのです。


しかも、その定義は、正しくないのです。


恋愛や人間関係は、そういうものではありません。


定義から外れたことがあるのです。


でも、それがあるからこそ、お互いが努力して、壁を乗り越え、愛に磨きをかけることができるのです。


小さな部分にこだわって、大きな部分を忘れてはいけない。


もっと余裕で、おおらかで、堂々と、ゆっくりと、慌てずに、寛容で・・・


そんな気持ちを忘れないようにしたいものです。


そうすれば、きっと、いろいろなことを乗り越えていけることでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すれ違いなど、小さなことです。

「大きなもの」を、忘れないこと。

もっと余裕で、おおらかで、堂々と、ゆっくりと、慌てずに、寛容でいることです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、「真理的会話術」のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク