読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

愛に悩むということは、愛に裏切られたからではなく、「愛を学ぶチャンス」

こんにちは。上村です。


僕は、過去にこんな「反省」があります。


昔のことですが、職場の同僚が、「退職」を決意しました。


僕はそれを「止めよう」と思ったのです。


「辞めるのは簡単だよ。でも、今やっていることを続けるのが君のためだ」

みたいなことを言った。


僕は当時、「押しの強い人間」になろうとしていたのです。


その反動で、相手の気持ちを考える余裕をなくしていました。


結局、説得は通じず、相手はそのまま辞めていきました。


今にして思えば、よかったと思います。


「今やっていることを続けるのが君のためだ」

なんて、どう考えても暴慢な意見です。


なぜなら、それが相手のためになるのかどうかなど、誰にもわからないからです。


自分の人生は、自分が責任を負うもの。


その後のことまで、面倒を見れるわけでもないのです。


押し付けではいけない。


たぶん、同僚は、せっかくの決意に水をさされた気がしたに違いありません。


同僚だって、安易に考えたわけではないでしょう。


真剣に考えて出した結論です。


職場を替わるのは、それなりの決断がいります。


もちろん僕は、当時は親切のつもりだったのです。


「君を必要としているんだよ」ということを相手に伝えたかった。


でも、立場を代えて、もし僕が同僚の立場だったら、どう感じたでしょうか?


きっとわずらわしく思ったはず。


自分がされて嫌なことを、なぜか他人にしてしまうことがあります。


もちろん、ここで書きたいのは、「慰留がダメ」ということではありません。


場合によっては、必要な時もあるでしょう。


明らかに相手が間違った道に進んでいるなら、止めることも必要です。


でもそれは、思いやりから発するべきで、押し付けから発するものではありません。


本当の思いやりは、相手の自覚を最大限尊重します。


どんなことでも「強制」はできません。


助言はできますが、強制はできないのです。


決めるのは、その人自身です。


なぜなら、自分の人生だからです。


責任というのは、そういうことですね。


例えば、恋愛で、「このまま付き合うべきか、別れるべきか」と悩んでいる人がいます。


「どっちがいいでしょうか?」

と聞かれることがあります。


話を聞いていたら、恋人は、とても浮気性のよう。


何度も浮気して、その度に「もうしない」と約束しながら、一向に態度は変わらない。


「別れた方がいいのでは」

と言いたいところです。


でも、アドバイスはしますが、結論を押し付けることはできないのです。


あくまで最後は、自分で決めないといけない。


「こっちの方がいい」とアドバイスして、その人がそちらに進んだとしても、また将来、同じようなことで悩むかもしれない。


決断は自分にかかっています。


確かに、浮気性の恋人を持ったのは不運です。


でも、長い目で見れば、その経験は、いろいろな学びを与えてくれるでしょう。


「どうしてそんな人と付き合ってしまったのか?」
「本当の愛情とは何か?」

そのことを、嫌が上でも認識させられます。


愛されて愛を知り、逆の経験をして、また愛を深く知ります。


価値あるものは、みんなそうです。


比較対象を経て、輝きを増すのです。


今を落ち込んでいてはいけないのです。


愛に悩むということは、愛に裏切られたからではなく、「愛を学ぶチャンス」なのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたを幸せにするのは、あなた自身の自覚。

愛に悩むということは、愛に裏切られたからではなく、「愛を学ぶチャンス」なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『恋愛や人間関係の悩みを7日間で解決していくメールセミナー』




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク