読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「相手が思い通りに動いてくれないのは当たり前」という話

こんにちは。上村です。


こんなことを、考えてみてくださいね。


「恋愛」に悩んでいる人がいるとします。


「相手が思い通りに動いてくれない」

と嘆く。


その不満から、相手に「物事を押し付けよう」とします。


「一日に○回は必ずメールすること」

などと、相手に強制する。


適度なものなら愛の延長かもしれませんが、
行き過ぎると、相手から「自由を奪う」ことになります。


愛は、本来自由なもの。


ところが、押し付ける気持ちが強くなって、
相手をどんどん「束縛」してしまうのです。


すると関係もギクシャクしてきます。


息苦しくなるからです。


いくら好きな人でも、
自分の考えを押し付けることはできません。


その人の意思を奪うことは、誰にもできないのです。


当然のことですね。


お互いが、独立した人格です。


「一心同体を求めること」が愛なのではなく、
「違いを違いとして認め合っていくこと」が愛だと考えます。


お互いが人格を認め合って、
初めて、お互いを高めていくことができます。


求め合いは「有限」ですが、
支え合いは「無限」だからです。



それこそが、「本当の自由」です。


恋愛を例に出しましたが、これは何でもそうですよ。


押し付けが過剰になったら、
相手から自由を奪うことになります。


奪い合いでは、そのうちなくなってしまう。


「与え合い」こそが、繁栄していく源なのです。


「これをしてほしい」とか、
そういう気持ちが強くなる時もあるでしょう。


職場では、上司に対して、
「もっとちゃんとしてほしい」と思う。


部下に対して、
「もっとしっかりしてほしい」と思う。


でも、そんな時こそ、
自分の中にある「本当の自由」に目を向けるべきです。


「相手ではなく、自分から」

それが、本当の自由の発揮です。


すべて「自分から始まる」のです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
押し付けをやめて「自由」になろう。

自分から始めることが、「本当の自由」です。

求め合いは「有限」ですが、支え合いは「無限」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたを変える「受容性」のお話です。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク