読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

傷つきやすい性格を改善していく、本当の方法

こんにちは。上村です。


今は、高度情報化社会。


それ自体は結構なことですが、副作用もありますね。


いろいろな情報が氾濫しています。


聞きたくなくても、耳に入ったり、目に入ったりしてきます。


他人の生活を、垣間見ることもできる。


裕福な生活をしている。きらびやかな環境にいる。羨ましい日常を送っている。


「嫉妬心」を、やたらに刺激されるのです。


しかし、一見、きらびやかに見える世界は、その裏には大きな「きらびやかさとは反対のもの」があるものです。


外からでは、そこまで見えないだけです


表面的なもので、人を羨ましがってはいけないのです。


いずれにしても、神経を刺激される世の中です。


繊細な人にとっては、辛いかもしれない。


でも、見方を変えてみましょう。


だからこそ「自分を鍛えるチャンス」があるのです。


繊細だからこそ、いろいろ気付くことがあります。


表面的な価値ではなく、内面的な価値に気付きます。


「本当の自分」を発見することができます。


例えば、こんなことを考えてみましょう。


「穏やかな波」の時に、船を走らせる。


余裕で前に行くでしょう。


でも、「激しい波の時」には、一生懸命船を操縦します。


その分、「自分の持っている力」が発揮できているのです。


いいことがあって前向きになるのは当たり前。


都合の悪いことがあった時、「本当の前向き」が鍛えられます。


感受性の強い人は、壁にぶち当たることも多いでしょう。


だから、逆にいいのです。


「感受性」に「前向き」を加えたら、もっとよくなっていくでしょう。


「前向き」を強く引き出すために、「繊細」があるのです。


何事も、「自分に与えられたもの」を活かしていくことです。


傷つきやすい人も同じですね。


傷つきやすいからこそ、自分を見つめ直すこともできます。


「優しい気持ち」「他者への共感」が、芽生えてくるでしょう。


単に傷つきやすいで終わってはいけません。


それをバネに、もっといいものを発揮していくべきです。


繊細さは、元来長所なのです。


傷つけて喜ぶような人もいるかもしれない。


根も葉もないことを言う人もいるかもしれません。


でも、そんな人は未熟なのですね。


自分自身は、そんなことをしなければいいだけです。


すべてのことから自分を見つめ、正しい生き方を学ぶことができます。


まさに、繊細さの特権です。


例えば、恋愛で悩んでいる人がいます。


そんな人は、好きな人の行動を、何でも自分に関係づけて考えるところがあるかもしれない。


相手のささいな行動を、自分に対するメッセージのように考える。


でも、理性的になってみましょう。


たぶん相手はそんなことは考えていないでしょう。


あなたに対して何かを要求しているわけでもないのです。


思い込みから抜け出して、もっと自由になることです。


傷つきやすい人は、自分の性格が損だと思うかもしれません。


でも、そうではないのですね。


むしろ得です。


傷つくことで人の痛みもわかるし、もっと理性的になることもできます。


傷つきやすい性格の裏には、人一倍優しい気持ちが潜んでいます。


その優しさを、「しっかりした優しさ」に変えていくことです。


そうすれば、やがて傷つきやすい性格を克服していくことができるでしょう。


感情的に流されるのではなく、理性的になることです。


自分の心の中にある「真の宝」を見つけるのは、自分の仕事。


周囲がどうとか、環境がどうとかは関係ありません。


その「本当の意味の宝物」を見つけ出していけば、やがて環境も自然に変わっていくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
傷ついたら、正しい生き方を学ぶきっかけにしよう。

繊細は、前向きをいっそう強くするためにあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク