読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「今日うまくいかないこと」が、明日の自分のためになる話

こんにちは。上村です。


学生時代のことです。


僕には、どうしても「できないこと」がありました。


たいしたことではないのに、なぜかできない。


それは・・・


「学食で一人で食事をすること」

です。(笑)


寂しがり屋というわけでもない。


むしろ、一人で食事する方が気楽なくらい。


でも、「他人の目」が気になったのですね。


「あいつ、いつも一人だぞ」

と思われるのが嫌だった。


一人で食事している人は少なかったのです。


みんな和気あいあいと食事をしている。


その中で、一人でいることに「恥ずかしさ」を感じたのです。


あなたはいかがでしょうか?


そういう状況でも、平気で一人で食事ができるでしょうか?


もちろん、別にたいしたことではありませんね。


誰が一人でいようが、周りは気にはしていないでしょう。


当時の僕は、妙に自意識過剰になっていたのです。


自分が、「恥ずかしい」と思うから恥ずかしいだけ。


平気だと思えば平気です。


どう考えるかは、「自分が選択すること」です。


「その選択ができないから、悩むんだ」

という人もいるでしょう。


あえて自分を、辛くする考え方をしてしまうのです。


悪習慣とわかっていて、改められないのと、同じですね。


夜にコーヒーを飲んだら眠れなくなるのに、なぜか飲んでしまう。
(これは僕の個人的なこと)


それで何度も、「寝不足」になりました。


考えてみれば、滑稽な話です。


飲みたければ、昼に飲めばいいだけなので。


でも、最近は、「カフェインレスコーヒー」というものを発見しました。


なので、その悩みはなくなった。(笑)


まあそれはいいのですが、「甘いもの」などもそうかもしれません。


習慣性があるので、食べずにはいられなくなります。


きちんと量をセーブすれば問題ないのですが、だんだんできなくなっていく。


これが、「お酒」になったら、もっと深刻でしょう。


「適度なたしなみ」ならいいのですが、お酒に溺れると大変なことになります。


心身が荒廃してしまう。


そうなる前に、しっかり自分で決断していたなら、最悪の事態はまぬがれたでしょう。


大切なことは、「正しい判断をしていく」ということです。


一時的な間に合せではなく、「長期的なしっかりしたもの」です。


何か困ったことがあった時、どうしてもその時点で姑息なことをしてしまうもの。


例えば、人生の憂さを晴らすために、ギャンブルにのめり込むような場合があります。


単に「憂さ晴らし」に過ぎなかったことが、常習化していく。


そうなると抜け出せなくなってしまいます。


どうしてそうなってしまうのか?


「一時的なこと」に振り回されているからそうなるのです。


うまくいかないことを、間に合せでごまかそうとするから、だんだん深みにはまっていく。


しかし、しっかり長期的視点に経てば、「今何が大切か」がわかってきます。


「一時的なごまかしではなく、長期的な意思を大切に」


そう言いたいのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一時的なごまかしではなく、長期的な意思を大切にすることです。

今は、「未来の自分のため」にあります。

今日うまくいかなかったことが、「未来の自分のためになる」ことがあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恋愛や人間関係、愛を伝えることが苦手な人のために「指南書」を書きました。

どうしたらよくなっていくかを、すべて書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク