読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

構ってもらえなくて不安だから、しつこく追いかけるのは、すぐに落胆するという話

こんにちは。上村です。


恋愛などで、よくありますね。


相手に構ってもらえなくて不安だから、
どんどん追いかける。



相手が反応してくれたら嬉しい。


一時的に、気分は高揚します。


しかし、また同じような状況に戻る。


相手は構ってくれないのです。


すると、前よりいっそう、姑息なことをしてしまう。


そんな自分に嫌気がさして、
自己嫌悪になってしまうのです。


こういうのを、「悪循環」というのかもしれません。


悩むのは、仕方がないかもしれない。


でも、いい加減悩んだら、しっかり決意すべきです。


「悪循環から抜け出す決意」です。


こういうのを、「開き直り」と表現する場合がありますが、
この言葉では真意が伝わりません。


もっと「心の奥深いこと」なのです。


今まで悩んだことを無駄と思うのではなく、
しっかりそれを受け入れるのですね。


否定ではなく、肯定して受け入れることなのです。


それが次につながる力になります。


考えてみれば、人生に、「都合の悪いこと」があって当然ですね。


「自分に都合の悪いことなど、あってはならない」

と思うかもしれませんが、果たしてそうでしょうか。


あなたの過去を振り返ってみてください。


もし、すべてが思い通りになるような人生を歩んでいたとしたら、
きっと今のあなたはいなかったと思うのです。



「思いやり」「広い視野」「優しさ」「誠実」などは、身についていかなかったでしょう。


何の問題もなく、好き勝手にできる人生では、偏ったものになってしまいます。


偏ったままでずっといたら、いつか大きなしっぺ返しに合うでしょう。


実際、「しっぺ返し」を受けている人がたくさんいます。


人生には「暗闇の時期」がありますが、
だからこそ、「光ある方向」を目指そうとします。



何かを目指そうとした時、心が満たされていく。


失望は挫折ではなく、より素晴らしい希望の発見です。


それは失意ではなく、眠っていた勇気の発揮。


そんな風に考えてみることなのです。


多くの人に囲まれていても、孤独な人がいます。


独りぼっちのように見えても、
豊かな愛情をいつも感じている人がいます。


人生は、環境ではありません。


「どう感じるか」「どう選択するか」

なのです。


自分の存在は、今まで見えないところで、多くのものによって支えられてきました。


いつだって、見守り、支えてくれる存在を感じることができるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暗闇の時期は、あなたに「本当の明るさ」を教えてくれました。

今まで、どんなことも、自分を作り上げるために必要だったことに、気付くはずです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恋愛や人間関係、愛を伝えることが苦手な人のために「指南書」を書きました。

どうしたらよくなっていくかを、すべて書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク