読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「他人がしたからそうする」ではなく、「自分がすべきだからそうする」でありたい話

こんにちは。上村です。


誰しも、行き詰まる時がありますね。


そんな時は、「過去の困難」を振り返ってみることです。


「困難な時」こそが、「重要な時期」であったことに気付くと思います。


よくない状況が、自分の「心の目」が開くきっかけになっています。


心の奥底に、「めげない自分」を発見します。
心の奥底に、「傷口を癒す自分」を発見します。
心の奥底に、「前進しようとする自分」を発見します。
心の奥底に、「純粋な自分」を発見します。


まさに、それが、「本当の自分」


自分に起こるあらゆることは、「真に価値あること」を発見するきっかけになるのです。


では、「真に価値あること」とは、何でしょうか?


多くの人は、幸せになろうとすると、外部にそれを求めます。


しかし、幸せを他人との比較で考えていたら、いつまで経っても実感は持てません。


なぜなら、それは他人との比較ではないからです。


いいことは、他人がしていようがしていまいが、自分はすべきなのです。

悪いことは、他人がしていようがしていまいが、自分はしてはいけない。


「自分の良心」に忠実になるべきです。


良心に忠実になった時、本当の意味で、心に落ち着きと穏やかさと確信が生まれていきます。


幸せとは、外にあるのではありません。
自分の「心の奥底(良心)」にあるのです。


嫉妬に振り回されるほど、良心から遠ざかっていきます。


嫉妬心に苛まれては、幸せにはなれません。


なぜ嫉妬が起こるかと言えば、それは人と比べるからです。


人間の本質とは何の関係もない、
どっちでもいいようなことを比べて、悩んでいるのです。


嫉妬などしなくても、自分はすでにいろいろなものを授かっています。


それを素直に発揮していくことです。


自分自身を活かしていけば、嫉妬とは無縁でいられます。


「他人の幸せに貢献する人生」を作っていくことができるのです。


「良心」が望んでいるのは、まさにそれです。


「善意・誠実・思いやり・勇気・確信」などプラスのことが、
いい結果を持ってきてくれます。



「調和」とは、自分の心の中に見出していくものです。


やがてそれは、少しずつ環境になって実現していくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「良心」に忠実になっていく。

良心に忠実になった時、本当の意味で、
心に落ち着きと穏やかさと確信が生まれていきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恋愛や人間関係、愛を伝えることが苦手な人のために「指南書」を書きました。

どうしたらよくなっていくかを、すべて書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク