読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「あなたなしではいられない」と思うことが思いやりではなく、「支えてあげよう」と思うことが思いやり

こんにちは。上村です。


「相手を絶対に失いたくない」
「もし失ったら自分は終わりだ」


という気持ちが、恋愛や人間関係で、「弱い自分」を作っています。


確かに失うことは辛いですが、
人生には出会いもあれば別れもあります。


別れの辛さと、出会いの喜びは、表裏一体です。


好きを、弱さにしてはいけないのです。


好きは弱さではありません。


好きは「強さ」です。


愛情とは、もっとしっかりしたものだから。


自分がしっかりして、人を支えることができます。


「あなたなしではいられない」という気持ちが強すぎると、相手にしつこく求めて、その結果、不満ばかりが高まっていくものです。


あまりに自己防御が過ぎると、悪いことばかり考えてしまうものです。


幸せから遠ざかる考え方をして、幸せになろうとしても、それはできないですね。


心を寒くすることばかりを考え、悪いことばかりを見ていたら、当然心が風邪を引きます。


風邪を引く前に、心を暖かくする必要があります。


過去のことに、もうこだわらないことです。


今を大切にすることです。


気持ちが萎えていると、ささいなことでも、大変なことのように感じます。


でも、心が元気だと、大きな壁でも乗り越えてやろうと思うものです。


その差は、歴然としています。


心が環境を作っていきます。


何があっても、明るさを忘れず、希望を忘れずに。


思いやりを忘れず、勇気を忘れずに。


その心がけがあれば、自分に起こる幾多の問題を乗り越えていくことができます。


「問題のない人生」というものはないですね。


日常では、小さな問題から大きな問題まで、いろいろ生じます。


辛いでしょうし、苦しいでしょう。


でも、そこから、もっと「自分を強くする考え方」を身につけることができます。


人間関係で悩んでいる人は、相手の気持ちをつかむ魔法などないことを知るべきです。


ただ、「ありのままの自分」を見てもらうだけです。


相手がそんな自分を気に入ってくれればそれでいい。


見栄を張っていたら、ずっと見栄を張らないといけなくなります。


無理は長く続きません。


長く続くのは、「素朴な思いやり」と「誠実な思い」です。


人間関係だって、家庭だって、勉強だって、仕事だって、子育てだって、すべてそうです。


そこには、あらゆる問題や壁があるでしょう。


でも、壁があるから、乗り越えようとする気力が湧いてきます。


力を得ることができます。


そんな明るい思考こそが、壁を越えていくのです。


例えば、孤独に悩んでいる人がいます。


「親友もいないし、いつも一人」

などと嘆く。


でも、これもどっちでもいいことなのです。


一人の時間もまた、貴重なものです。


日常では、一人の時間を持ちたくても持てない人がたくさんいるのです。


落ち着いた時間は、まさに日常の喧騒を離れ、自分を取り戻す時間です。


そう考えたら、一人の時間も有難いことなのです。


人間関係が必要なように、孤独な時間もまた必要です。


何にしても、明るい考え方、生産的な考え方をすることです。


自分のことばかりにならず、
自分自身を、周囲のために活かしていくことです。



真の「幸せ体質」とは、思いやりを発揮する自分自身にあります。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「壁」は、ネガティブなものではなく、ポジティブなものです。

壁があるから、力を得ることができるのです。

すべてのことから、「明るい面」を見出すことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、自分で「会話がうまくない」と思っているなら、喜ぶべきです。

あなたにはきっと、「心と心で相手と通じ合える力」を秘めているのです。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク