読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

思い通りにいかず、辛抱が試されている時期こそ、輝く未来が近づいている

こんにちは。上村です。


「整理」で、「捨てる技術」というのがあるそうですね。


「いらないモノは、思い切って捨てる」

ということ。


「いつか使うかもしれない」と思ったら、何も捨てることができません。


結局、片付かないのです。


確かに整理の苦手な人は、
「モノを捨てることができない」という傾向があるかもしれませんね。


かくいう僕自身も、若い頃そうでした。


仕事で、書類を机の上に重ねてしまう。


いざという時に、必要な書類が見つからなくて、慌てる。


「しっかり整理しろよ」

と同僚に言われて、恥ずかしい思いをしたものです。


整理が苦手な上に、「いらないモノを捨てること」もできなかったのです。


これでは机の上が散らかって当然。仕事にも支障をきたします。


さすがに反省して、
それ以降は比較的片づけられるようになりました。


物をなくすことも減っていきました。


まあ、やればできる。(笑)


それはともかく、「いらないモノは捨てる」というのは、整理術では、確かに大切でしょう。


しかし、不思議なものです。


「いらないモノは捨てる」という整理術に対抗?して、今度は「別の意見」が出てきます。


「むやみに捨ててはいけない」

と。


思わず捨ててしまって、後でそれが必要になり、
「また同じモノを買ってしまう」ようなこともありますね。


「捨てる意識より、整理の意識」

という意見です。


確かに、これも正しい意見。


しかしそうなると、さっきの「いらないモノは捨てる」というのはどうなってしまうのか?


モノが捨てられない人は、ますます捨てられなくなっていきます。


「捨てるべきか、捨てざるべきか、それが問題だ」

という、まるでハムレットみたいな心境になります。


そしてますます、片付かなくなっていく。



(以上、完)



・・・というわけにはいきません。



片付けに、終わりはないのです。


「いったいどうすればいのか?」と考えますね。


いらないモノは思い切って捨てたほうがいいのか?

むやみに捨てずに、整理を重視すべきなのか?


あなたなら、いかかでしょうか?


しかしよく考えてみると、二者択一の問題でもないですね。


どちらの意見も正しいのです。


不用品を捨てることもそうですし、整理もしっかりするということです。


「片付け」の心がけを持てば、自然にそうなっていくはずです。


そうはいっても、どちらかに決めてもらわないと、どうしていいかわからなくなるかもしれない。


真面目な人ほど、「どちらかに決めてくれ」と思うもの。


しかし、杓子定規ではなく、もっと「柔軟」に考える必要があります。


もちろん、「柔軟に考えた末、部屋は汚いままにしておく」というのでは困りますね。(笑)


言うまでもなく、「柔軟」というのは、もっと「建設的な意味」です。



さて、同じようなことが、恋愛や人間関係にもありますよ。


例えば失恋した人がいるとしましょう。


別れた相手のことが、いつまでも忘れられない。


「早く忘れたい」と思っているのに、どうしてもできないのです。


踏ん切りをつけることができないのです。


新たな一歩を踏み出せないのです。


ではいったいどうすればいいのでしょうか?


「忘れたい」と思っても、そう簡単にはいかないのもわかります。


一度本気で好きになった人を、そう簡単に忘れられないかもしれない。


しかし、「時間は過去には戻らない」ことも事実。


自分の気持ちはどうであれ、未来はどんどんやってきます。


忘れられないなら、無理して忘れる必要もないでしょう。


第一、「記憶からなくす」というわけにもいきません。


しかし、前を向けば、「新しい未来」があります。


そこに目を向ける必要があります。


新しい経験をどんどんしていくことで、だんだん過去にこだわらなくなっていく。


「過去の体験を未来に生かそう」という思いになる。


それが、「過去を忘れる」の本当の意味です。


思い出は、机の上の整理と違って、簡単に捨てられないこともあります。


特に辛い経験ほど、心に焼きついているものでしょう。


しかし、その経験も、その時は辛くても、決して無駄な経験ではなかったのです。


無駄どころか、自分にとって、
「なくてはならないかけがえのない経験」だったかもしれません。


辛いことからしか学べないこともあります。


もちろん、その時点では、そんな心境にはなれないでしょう。


時間が経って、未来になって、初めてそのことに気付く。


柔軟になって、初めて、「思い出の整理と片付け」ができるのです。


もちろん、「失恋」は、単なる例として書いただけです。


すべての経験がそうですよ。


例えば、「言葉」について考えてみましょう。


「杓子定規な言葉」では、相手の気持ちには届きません。


「素直な思い、善意の気持ち、しっかりした気持ち」

そんな言葉が相手に響くのです。


「でも、自分はよかれと思って相手に言ったけど、誤解されたよ」

という人もいるかもしれません。


しかし、言葉とは「押し付け」ではありません。


善意の動機で、相手のことを考えて言ったのなら、
いつかきっとわかってもらえる時がくるでしょう。


一時的にダメだからといって、それで全部を決め付けてはいけないのです。


むしろ、「停滞」こそ、「大きなきっかけ」にしていくべきです。


自分の人生を振り返れば、きっとそんなことがたくさんあったはず。


大切なことは、それなりの時間がかかるものです。


心をガチガチに縛るのではなく、もっと「柔軟」にしていくこと。


そうすれば、あらゆることの中から、
「いいもの」「役立つこと」を見つけていくことができます。


きっと「よき未来」が、少しずつ訪れていくことでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大切なのは、一時的なことではなく、長期的なこと。

心を柔軟にしていけば、あらゆることから、
「いいもの」「役立つこと」を見つけていくことができます。

それが、「本当の前向き」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク