読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

幸せとは、いつも「現在進行形」という話

こんにちは。上村です。


今回は、夏らしい話をしてみたいです。


そう、花火大会


意外性がないですね。(笑)


それはともかく、もちろん、単に花火の話をするわけではありません。


「花火の哀愁」という人生論。


あなたは花火に「哀愁」を感じたことはないでしょうか?


例えば、大きな花火が打ち上がる。


もちろんきれいです、華やかです。
夏の風物詩。


人々から歓声が上がります。


「たまや~」と絶叫する。(今時いませんが)


恋人同士は、花火を見つめながら、「同じ空間」を喜びます。

友人同士は、花火を見ながら、盛り上がる。

家族同士は、夏のいい思い出になるでしょう。


しかしです。


いつまでも花火大会が続くわけではありません。


それは、あっと言う間に終わります。


人も次第に少なくなって、「以前と変わらない空間」になっていくのです。


花火の後に残るのは、閑散とした風景。


そして帰りの電車の大混雑。


決して夢のない話をしているのでありません。


ただ、祭りの後に残る寂しさというのは、
誰しも感じることがあるのではないでしょうか。


(夏も終わりか・・・)
(夏休みの宿題が大量に残っているぞ・・・)

学生さんは、現実に引き戻されるかもしれません。


だからと言って、現実を避けて、毎日花火大会に酔っているわけにもいきません。


第一、毎日花火大会だったら、うるさくて仕方がありません。(笑)


日常があるからこそ、気分転換があります。


忙しい日々があるからこそ、休日がホッとする。


幸せというのを、「花火」のごとく考えていてはいけないと思うのです。


楽しいことも寂しいことも、嬉しいことも辛いことも、トータルで自分に役立っています。


別れがなければ、出会いの喜びもないように、それは表裏一体です。


幸せとは、花火の最中にあるのではありません。


むしろ、その前の日常と、その後の余韻にあると思うのです。


真の幸せとは、あっという間に終わるものではなく、もっと深いトータル的な意味があります。


自分に起こるすべてのことに、意味があります。


それを実感していく中で、真の幸せをつかんでいくと思うのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分に起こるすべてのことに、意味があります。

真の幸せとは、一時的なものではなく、もっと深い「トータル的なもの」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク