読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

自己宣伝しても、愛情を示しているわけではない話

こんにちは。上村です。


こんなことを考えてみましょう。


あなたに好きな異性がいるとします。


その人から注目してもらいたい。


「自分はここにいるよ」

ということを示したい。


相手に対して、わざと大げさな態度をしたり、
駆け引きをしたり、しつこくしたりします。


好意を伝えたい気持ちは、もちろんわかります。


でも、「愛情」と「自己宣伝」は違います。


愛情とは、自分の「純粋な気持ち」です。


純粋な気持ちを発揮すればいいだけなのです。


それを無理に、自己宣伝めいたことにすると、
かえって伝わらなくなってしまうでしょう。


恋愛で悩む人がいます。


「どうかあの人と結ばれますように」と願う。


しかしいくら願っても、こういう場合はあまり効果がないですね。


「願い方」が悪いからです。


「自分のために何かを得たい」と願っても、都合通りにはいきません。


「ほしい」だけでは、何も生まれないからです。


では、どういった願い方がいいのでしょうか?


『あの人にふさわしい自分なりますように』と願えば、
何か生まれてくるものがあるでしょう。


相手に求めるのではなく、自分に求めたからです。


そして、それ以上に「もっといい願い方」がありますよ。


『自分が持っているものを、誰かのために発揮できますように』

という願い方です。


これは、もっと「広い世界」を見た願い方です。


「自分の持っているものを、人のために発揮する」
「自分の長所を、周囲のために発揮する」

そういう願いは、必ずどこかで実現していくことになります。


何でもそうなのです。


「ほしい」と思っているだけでは、どうしようもありません。


人の本領は、何かを発揮していくことで高まっていきます。


もちろん、ここでの発揮とは、「プラスの発揮」です。


自分を前向きにし、周囲を前向きにするような、
そんな行為こそが、「プラスの行為」です。


自分に調和をもたらし、周囲に調和をもたらすような、そんな行為です。


「本当の自分」を発揮していくことです。


それがすべてなのです。


自分は自分のできることを精一杯する。


後は、自分の人生を信じて任せていけばいいのですね。


ほしいと思わなくても、ちゃんと「あなたの人生にとって本当に必要なもの」は揃っていくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自分が持っているものを、誰かのために発揮できますように」
という願いは、必ず実現します。

それが「本当の自分」だからです。

常に「本当の自分」を発揮していくことです。

あなたにとって、本当に必要なものは、自然に揃っていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


僕のツイッターとフェイスブックが「本」になりました。

大変ご好評をいただいており、感謝いたします。

恋愛、人間関係、愛情問題、人生に行き詰った時、この本を開いてみてください。

あなたにとって「大きな出会いになる一冊」になることでしょう。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク