読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

押しても引いてもダメで、ただ「素朴な気持ち」が大切な話

こんにちは。上村です。


「恋愛」でこんなことを考える人がいます。


好きなった人を追いかける。


でも反応がよくない。


そこで、ずっとアプローチし続け、
ある時、「ぴたっと」やめてしまう。



急に、よそよそしくするのです。


すると相手は、「どうしたのだろう?」と気になる。


今までとは打って変わって、相手が自分に好意を向けてくれる、
というのです。


でも本当に、こんな作戦?がうまくいくのでしょうか?


一時的に、相手の反応がよくなることもあるかもしれません。


しかし、反応がよくなるといっても、
それは別に「恋愛感情」という意味ではありません。



「感情を刺激されたことへの反応」に過ぎないのです。


そんなことばかりしていたら、かえって避けられることになるかもしれない。


例えば、嫉妬心をあおって、それで相手を振り向かせようとすることも同じですね。


相手の感情を刺激し、高めようとする。


こういった姑息な「駆け引き」をしても、決して思うような結果にはならないでしょう。


そもそも「駆け引き」と「愛情」は、何の関係もありません。


もちろん、嫉妬してくれたら、何となく好意を持たれているような気がして、嬉しいかもしれません。


そこで駆け引きをどんどんして、それと裏腹に、自分から「誠実さ」が失われていく。


本当に誠実に向き合っているなら、嫉妬させようなどという考え方にはならないでしょう。


もっと自然に、相手のためになることをすることができます。


相手の意思を尊重しながら、自分の好意を伝えていくこともできるはずです。


そこには駆け引きも、しつこさも、ありません。


自然に「相手のため」になることができます。


支え合うことができます。


「自然な流れ」があるだけです。


自分の一時的な感情に振り回されていると、だんだん「素朴さ」が失われていきます。


もっと「大切なこと」に目を向けるべきなのです。


恋愛は、単なる一例です。


どんな場面でも、ありえることですね。


一時的な思いに振り回されて、大切なことを見失ってしまうのです。


「肝心なこと」が大切なのです。


壁にぶつかったり、悩んだりしたら、
「最も大切なことは何か」に、目を向けていくことです。



そうすれば、必ず状況をよくしていくことができるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━
「本当に大切なこと」は、何か?

そこに目を向けることです。
━━━━━━━━━━━━━━━


僕のツイッターとフェイスブックが「本」になりました。

大変ご好評をいただいており、感謝いたします。

恋愛、人間関係、愛情問題、人生に行き詰った時、この本を開いてみてください。

あなたにとって「大きな出会いになる一冊」になることでしょう。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク