読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

すべてを長所を伸ばすために使えば、最後はよくなっていく話

こんにちは。上村です。


昔の同僚で、こんな人がいました。


彼は前職で、
営業マンをしていたのです。


連日のように、「お得意先の接待」があります。


いつも夜遅くまで飲み歩く。


そういったことは、
あまり好きでない性格だったようです。


毎日が辛かった。


気持ちはよくわかります。


しかし彼は、それを乗り越えた。


苦手な接待も、しっかりこなすようになった。


そこまでは良かったのです。


ところが彼は、
だんだん性格が変ぼうしていきました。


いつの間にか、「強引な性格」になっていたのです。


押し付けがましくなっていたのです。


あれだけ自分が接待に苦しんだのに、
後輩に対しては、そのような苦しみを理解しようとはしませんでした。


後輩がちょっとでも弱音を吐こうものなら、
ガミガミ注意の嵐。


叱咤激励ではなく、
単に厳しいだけになっていたのです。


これでは、後輩もたまったものではありません。


後輩は、いつも彼の「顔色」ばかり伺うようになりました。


結局、後輩は成長しなかったのです。


彼の押し付けがましさが、
逆に、後輩の成長を妨げたのです。


このあたりが、分かれ道ですね。


営業マンなので、
押しの強さが必要な時もあるかもしれません。


それはいいでしょう。


ただ彼は「本筋」を忘れてしまったのです。


彼には、接待の辛さを理解し、後輩思いやる下地があったはずなのです。


ところがいつの間にか、それをなくしてしまったのですね。


気持ちを理解した上で、後輩に対しアドバイスをすれば、
後輩にとって有益になったはず。


やがて彼は、営業マンとしても、あまりうまくいかなくなったようです。


たとえ営業職であろうとも、
押しの強さだけで何とかなるものではありません。


どんなこともそうですが、人の気持ちに寄り添うことのできる人が、
最終的にはうまくいきます。



彼は、経験を通じて、そこを磨いていくべきだったのです。


それが、本筋ではないでしょうか。


自分に起る様々なことを、プラスに生かしていくのは、自分自身です。


「すべてに意味がある」
「すべてが本筋を見つけるためのもの」



そう考えていけば、今をもっと肯定的にとらえることができるでしょう。


恋愛も人間関係も、その他どんな悩みも、
もっと前向きにとらえていくことができるはずです。


「本当のプラス思考」とは、そういうことではないでしょうか。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すべてに意味があり、すべてが「自分の長所」を伸ばすためにあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


悩んだ時、ページを開けば、そこに答えが書いてある・・・

そんな本を作りました。

恋愛、人間関係、愛情問題、人生に行き詰った時、この本を開いてみてください。

きっと解決に向かっていくでしょう。







メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク