読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

今の疑問は、必ず未来に解決していくので、安心して前を向いて歩んでいく話


こんにちは。上村です。


あなたは子供の頃、
「付きたい職業」「なりたいもの」は何かあったでしょうか?


「憧れ」みたいなものですね。


実際に希望を叶えた人もいるでしょう。


逆に、希望と「違う方向」に進んでいる場合もあるでしょう。


僕自身は、「これになりたい」という明確なものはありませんでした。


ただ、「この仕事は嫌」と思うものがありました。


それは何か?


「学校の教師」です。


いろいろ理由はあったのです。


学生時代は、身近な人間の一人が、やはり教師でしょう。


いい先生に出会えば、「自分も先生になりたい」と思う人もいるかもしれません。


僕は、「逆」でした。


あまり尊敬できる先生に出会ったことがなかったのですね。


もちろん、それだけが理由ではありません。


当時は、学校が「荒れていた時代」。


いわゆる「不良」のような生徒もいたのです。


「教師も大変だ」

と思いました。


そんな生徒に対応している教師を見て、「自分なら絶対嫌」と思ったのです。


「授業中に騒ぎまくるクラスメート」
「毎日怒ってばかりの教師」


学校自体に「なじめないもの」を感じました。


もちろん友達もいたので、それなり楽しかったのですが、
学校というところ自体は好きになれなかったのです。


ですから、「将来就きたくない職業の第1位」が、「教師」だったわけです。


ところが人生はどうなるかわかりません。


学校卒業して、僕が選んだ就職先が「予備校」でした。


教員養成系の学校を出たわけではありません。


事務的な仕事を予想していたのですが、
実際の仕事は大きく違っていました。


「クラス担任」になったのです。


授業はしませんが、実質「教師みたいな仕事」。


生徒の進路指導をします。


毎朝教壇にも立ちます。


それこそ、学校の先生がホームルームで話すような内容をしゃべっていました。


生徒の相談に乗る機会も多かったのです。


そして、その予備校には、「遠足」まであったのです。


レクリエーションとしての遠足です。


生徒を引率します。


まさに、「学校」ですね。


まるで自分が「教師のようなこと」をしているのです。


当時は、なぜ自分が、こんなことをしているのかよくわからなかったのです。


自分から就職しておいて言うのも何ですが、不思議な気がしました。


子供の頃は、「なりたくない職業」だったのです。


これはまさに皮肉。


しかしです。


今になって思うのです。


それは偶然ではなく、自分にとって「進むべき道」であったと。


なぜなら、その時の経験は、今にとても役立っているからです。


当時はわからなくても、未来の今になって、しっかりわかったのです。


きっと、あなたの人生もそうではないでしょうか。


「自分が今、どうしてこうなっているのか」わからず、悩んでいる方もいるでしょう。


しかし、この先の人生を築いていくために、「今がどうしても必要」なのです。


過去の「不思議」が、今の「確信」に変わる時期が、必ずきます。


なので、希望を胸に、明るく前を向いて歩んでいくことです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今は、どうしても必要な時期です。

未来には、きっとそれを確信できることでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


悩んだ時、ページを開けば、そこに答えが書いてある・・・

そんな本を作りました。

恋愛、人間関係、愛情問題、人生に行き詰った時、この本を開いてみてください。

きっと解決に向かっていくでしょう。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク