読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「うまくいかないから駆け引きを考える」のではなく、「駆け引きを考える」からうまくいかなくなる

こんにちは。上村です。


「桜の木を切ったワシントンの話」がありますね。


ワシントンは、自分が桜の木を切ったことを、正直名乗り出ます。


実話かどうかはわかりませんが、
実話でも作り話でも別にいいのです。


「非常に大切なこと」を含んだ話です。


もし正直に名乗り出なかったら、彼はどうなっていたでしょうか?


後で発覚すれば、もっと困ったことになっていたでしょう。


発覚しなくても、自分の気持ちの中で、「後ろめたい思い」が残ったはず。


つまり正直になることで、いろいろな「心の重荷」から逃れることができたのです。


正直になって許してもらおうとか、そういうことではなく、
もっともっと深い意味があったのだと思います。


何か困ったことがあると、姑息なことをして、ますます困った状況になることがありますね。


例えば、恋愛や人間関係にもあります。


思い通りにならない状況を変えようと、
「駆け引き」に走る。


恋愛なら、相手を嫉妬させるとか。


わざと別の異性と仲良くしたり。


一時的には、相手も反応してくれるかもしれませんが、
長続きはしないものです。


結局、信頼感をなくしていきます。


また逆に、焦ってどんどん相手に「しつこくなる」こともあります。


「押しの一手だ」とばかりに。


しかしこれは、自分の都合を考えて、相手のことはまるで考えていません。


押すのも引くのも、結局は「姑息なこと」をしているだけなのです。


では、どうすればいいのでしょうか?


「自然」が一番です。


普通でいいのです。


相性が合えば引き合うし、
合わなければ疎遠になっていきます。


そう割り切って、堂々としていればいいのです。


それこそが、まさに「本当の正直」ではないでしょうか。


駆け引きで曇った気持ちを、洗い流す。


すると、「本当の心」が見えてきます。


「正直」というと、何か窮屈に感じる人がいます。


でも、それは「全く逆」なのです。


真の正直は、自分の心を自由にし、
明るくし、生きやすくしていくものです。



困ったこと、うまくいかない時には、
駆け引きのようなことを考えがちですが、それは逆なのです。


いっそう正直になっていくことです。


きっと、それに応じた恩恵があるでしょう。


正直とは、道徳本の中の話ではありません。


まさに「生きた教訓」なのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
駆け引きに走ると、状況がどんどんややこしくなっていきます。

「正直」になることです。

正直は、自分の心を自由にし、明るくします。

状況もよくなっていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク