読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

通りすがりに笑われても、別にたいしたことではない話

こんにちは。上村です。


「周囲が変わった」と感じることはないでしょうか。


普通にしているのに、何となく周囲が冷たような気がする。


「自分はいつもと同じなのに、通りすがりに笑われた」

みたいな。


学生時代にあったかもしれません。


何人かの人が、集団でしゃべっています。


その横を通り過ぎた時、急に笑われた。


(自分のことを笑ったのだろうか)

と不安になります。


でも、たいていは勘違いです。


しかし何かあると、自分自身に理由を求めたりすることはあります。


「もっと明るくしなければ」「もっと心を開かなければ」

と思います。


それはいいのです。


でも、環境の変化を、何でもかんでも「自分の責任」にしてしまうのは、妙な話だと思います。


変化というなら、日常は「変化の連続」です。


ささいな変化、小さな変化なら、いくらでもあります。


「好きな人が、昨日は機嫌がよかったのに、今日はあまりよくない」

それも、変化でしょう。


言うまでもないことですが、相手の不機嫌の原因が、すべて自分にあるわけではないのです。


相手には相手の日常があります。


これからずっと機嫌が悪いわけでもないのです。


自分自身に機嫌があるように、相手にもそれがあります。


そういうものをことさら気にして、一喜一憂してしまうと、わけがわからなくなってしまいます。


思うようにいく時もあれば、思うようにかない時もあるのが、日常です。


「今日」という日に辛いことがあっても、明日はまた「別の日」です。


状況は変わっていくのです。


細かい変化ならいくらでもあります。


そんな変化にいちいち動揺していてはいけない。


時間が経てば、また変わります。


「今日は周囲が冷たかった」「好きな人と話す機会がなかった」とか、そんなことは別にたいしたことではありません。


自分の人生に、いかなる影響もありません。


もちろん難しいことでしょうが、人生を「トータル」で見つめる視点を持ちたいものです。


一時的な環境の変化に、飲み込まれてはいけないのです。


未来のいい変化を確信し、今の自分の課題を乗り越えていくことです。


その姿勢さえあれば、きっと未来から見て、今の悩みがたいしたことではなかったことに気付くでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一時的な変化に、動揺しないこと。

「本当に大切なこと」に目を向けていく。

今すべきことをし、未来を楽観的にとらえることです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク