読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

メールが来るか来ないか、いつまでも悩んでいる人に捧げる話

こんにちは。上村です。


突然ですが、あなたは、「何も映らないテレビ画面」を、
ずっと見続けることができるでしょうか?


たぶん、できないと思うのです。


意味がないからですね。


「意味のないこと」をし続けるのは、大きな苦痛です。


ところが場合によっては、
そんな「意味のないこと」を、繰り返すことがあります。


例えば、好きな人がいるとします。


その人の「メール返信」を待っている。


「いつメールが来るか」と、
携帯電話とにらめっこをしています。


しかし携帯を眺めていたら、
返信が来るということでもありません。


見ていようが見ていまいが、関係はないのです。


もちろん、気持ちはよくわかります。


今の不安を何とかしたい。


好きな人からメールがくれば、
それだけで幸せな気分になります。


不安がなくなり、喜びが訪れます。


しかし、結局それは一時的なことです。


また同じような状況になって、
同じように「不安な気持ち」になります。



恋愛は、誰だって、いろいろな不安を抱えてるかもしれません。


思いがあふれて、
その気持をどうしていいのか、
わからなくなることもあるでしょう。


でも、不安ばかりでは、その関係はうまくいかなくなります。


相手のことを全く考えず、
自分の感情だけで、
相手にしつこくしてしまう人がいますね。


ところ構わず、好きな人を追いかける。
相手の都合も考えず、ひたすらしつこくするのです。


もちろんこれは、思いやりとは関係ありません。
「自分の不安を解消したいだけ」になっています。


そうなると、落ち着いた付き合いはできなくなるでしょう。
相手も、そんな人は避けたくなります。


考えてみれば、当然ですね。


自分が相手の立場になってみれば、よくわかることです。


例えば、こんな例を考えてみましょう。


職場で、「上司に怒られること」にビクビクしている人がいます。


誰でも怒られるのは嫌なものですが、
過剰にそれを恐れているのです。


すると不思議なもので、ビクビクすればビクビクするほど、
怒られることが多くなる場合があります。


相手を恐れるがあまり、
わからないことを「わからない」と言えなくなります。


できないことを「できない」と言えなくなる。


心が、「怖さ」でがんじがらめになってるのです。


そうなると、どうしても行動がいびつになります。


同じ質問をして、相手を怒らせやしないかと思い、
結局わからないままにして、後で大きな失敗をすることもあります。


自分で「失敗」を招き寄せてしまうのです。


では、そういう場合はどうすればいいのでしょうか?


「怒られるのが怖いから動く」

これが間違いなのです。


行動とは、「自分の意思」です。


仕事であっても、同じ。


仕事の内容は上司から指示されても、
実際に動くのは「自分自身」です。


「自分から」なのです。


「怒られたくないから動く」という意識を、変えるべきなのです。


「自分がそうすべきと思うからそうするのだ」

という意識にすべきなのです。


そうすれば、過剰に上司の目を気にすることもなくなるでしょう。


怒られることに、ビクビクすることもなくなります。


相手に振り回されるのは、
相手の一挙手一投足を、
大げさに考え過ぎているのです。


そのようなものは、自分の人生に、何の影響もありません。


職場で注意されたからといって、
それが自分の人間性と何か関係があるでしょうか。


もちろん、全くありません。


単に「仕事上の出来事」に過ぎないのです。


「物事に感じやすい人」というのは、
大変素晴らしい資質を発揮することができます。


でも逆に、元来長所であるその性格が裏目に出ると、
ちょっとしたことを「大げさに気にしてしまう」ことがあるのです。


「長所」と「短所」は、裏腹です。


あなたが短所と思っていることは、
見方を変えれば「長所」なのです。



ビクビクするのも、それだけ「神経が繊細」ということです。


「繊細」という長所を、もっと前向きに発揮すべきです。


後ろ向きではなく、
もっと「前向きに」生かしていくのです。


元来長所なのですから、必ずそれはできます。


そうすれば、長所は長所として、「日の目」を見ていくでしょう。


自分自身は、大きな可能性を秘めています。


あなたのそんな可能性は、人に多くの励ましを与えていくでしょう。


あなたの長所の発揮を、きっと多くの人が待っています。



僕の文庫本を、直接ご自宅にお送りします。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたが短所と思っていることは、「長所」につながっています。

気にしやすい性格は、自分のことではなく、「他人への気遣い」に転換していくことです。

プラスの発揮は、プラスの関係を築いていきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク