読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「叶わない願いは、もっと大切なことに気付かせるため」という話

こんにちは。上村です。


僕が中学生の頃、こんな事を考えたことがありました。


当時は、学校が荒れていた時代。


どのクラスにも、
「素行不良っぽい生徒」がいたのです。


また、教師にも、どうかと思う人がいました。


乱暴な言葉づかいを、平気でする教師もいた。


体罰もありました。


今から考えると、よく我慢したものです。(笑)


もちろん、「自分はちゃんとした生徒だった」などと言っているのではありません。


ただ、周りのそんな雰囲気に、嫌気がさしていたのですね。


そこで、こんなこと考えました。


「悪い生徒」ばかりを集めて、一つのクラスを作ります。


そして、そのクラスは、「不良教師」に担当にさせます。


「ちゃんとした生徒」は、
ちゃんとした者同士が集まって、クラスを作る。


そこを担当する先生は、「ちゃんとした先生」にするのです。


そうすれば、どんなに平和な学校が訪れるでしょうか。


と当時は考えたのですが、もちろんこういうわけにはいきません。


第一、「悪い生徒」と言っても、
いい悪いを決め付けることは、一概にできません。


校則を破るのは、学校では悪いことですが、
一歩外に出れば、「どうでもいい校則」もたくさんあります。


当時、「靴下は三折りにすべき」という校則?がありましたが、
一般的には、言うまでもなく、「何それ?」です。(笑)


悪友に先導されて、悪いことをしてる場合もあるでしょう。(もちろんいけないことです)


また、自分では正義のつもりでも、独善的になって、かえって不正義を行っている人もいます。


「悪いレベル」も、いろいろあるのです。


また、「いい生徒」といっても、これまた誰が「いい」を判断するのでしょうか。


教師にとって、扱いやすい生徒が、「いい生徒」なのでしょうか。


「いい」「悪い」を判断する人が、悪い人だったら、どうするのか?(笑)


「いい教師」「悪い教師」といっても、時代劇のようなわけにはいきません。


人間誰しも欠点があります。


善悪を決め付けて、誰かを隔離することがあったら問題です。


それに、「よくない生徒にはもっといい教師をつけるべきだ」という理屈だって、成り立ちますからね。


ただそうはいっても、「悪い雰囲気から抜け出したい」と思う気持ちは、誰にでもあると思います。


今の環境が、「100パーセント問題のない環境だ」と思ってる人は、それほどいないでしょう。


誰でも現状に不満はあるし、もっといい環境を願うものです。


ところが願えば願うほど、なぜか叶わないことがあります。


「人間関係で苦しみたくない」と思ってるのに、なぜか人間関係の厄介事が、いつも起こる。


「恋愛で悩みたくない」と思っても、いつも同じようなことで、悩んでしまう。


「楽しく働きたい」と思っても、上司がイヤミばかり言う、みたいなこともあるかもしれません。


穏やかな家庭をと思っても、なぜか問題ばかり起こることもあります。


カールブッセの詩、

『山のあなたの空遠く、幸い住むと人の言う・・・』

みたいな感じですね。


幸せを求めているのに、それは「山のかなた」にあって、全然つかめないのです。


そういった経験を何度もしますと、考え方がだんだん変わってきます。


「幸せとは、‘山のかなた‘ではなく、
‘自分のすぐ近く‘にあるのではないか」


そう考えるのです。


遠くにあると思っていたのが、意外や意外、近くにある。


近いどころではありません。


「すぐそば」にあるのです。


「自分のすぐそば」とは、要するに「自分の心の中」ですね。


外にあると思っていたのが、「中」にあったのです。


中にあるものの方が、かえって見えないことがたくさんあります。


「遠くの幸せ」はよく見えても、「近くの幸せ」はなかなか見えないものです。


願いが叶わなかったのは、見捨てられたわけではなく、もっと大切なことを気付かせるためだったのです。


人生の方が、自分よりはるかに自分のことを知ってくれています。


未来の願望ばかりに振り回されてる人は、もう一度「足もと」を見るべきだと考えます。


「足もと」にこそ、いろいろなものがあります。


お金は落ちていないかもしれませんが、それよりもはるかに「価値あるもの」が落ちています。


目立たない中にこそ、「自分を光らせる何か」があるのです。


さっきの中学生時代の僕もそうです。


何やら暗黒時代のように書きましたが、もちろん、「すべてが暗黒」ということではありません。


心通い合う友人との出会い。
理解ある先生。
素朴な友愛。

そういったものも、またあったのです。


むしろ、暗闇が、その「光」の存在を教えてくれたというわけです。


あなたの人生もきっとそう。


どんな状況であっても、くじけることはないのですよ。



僕の文庫本を、直接ご自宅にお送りします。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
叶わない願いは、もっと大切なことに気付かせるため。

幸せは、どこか遠くにあるのではなく、「足もと」にあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク