読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

どう考えてもおかしいことは、捨て去る勇気が必要

こんにちは。上村です。


突然ですが、『廃刀令(はいとうれい)』というのを、ご存知でしょうか。


「日本史の教科書」に出てきますね。


文字通り、「刀を廃す」こと。


昔は、武士がいて、刀を身につけていました。


いわば、「武士の身分証」のようなもの。


ところが、明治維新が起きて、
世の中は、少なくとも形の上では、四民平等になりました。


「士農工商」で分けられていた身分制が、廃止されたのです。


武士は、特権階級でなくなりました。


帯刀する意味がなくなった。


「オレは武士だ」と言っても、
そもそもそんな階級自体が廃止されたのですから。


明治9年に、廃刀令は発布されました。


しかし、ほんの数年前まで、江戸時代だったのです。


「刀は武士の命」と言われていました。


いきなり、「廃刀」と言われても、
納得しない武士(士族)がいます。


「廃刀令反対」の動きが起こりました。


今から考えれば、不思議な話ですね。


そもそも、「刀が命」であるわけがありません。


刀を捨てたからといって、武士としては知りませんが、
人間としては何の変化もないのです。


武士という身分もなくなったのですから、
そんな「身分証」を身につけていても、
意味がないのは当然です。


しかし、それに納得しない人がいた。


致し方ない面もあるでしょう。


武士階級として、生まれてきたのです。


「刀は武士の命」と教えられていたのです。


生まれた時からそう教え込まれていたのですから、
いきなり「それは間違いだ」と言われても、
納得できなかったでしょう。



これは、廃刀令の話ですが、我々個人でも、こういったことはあります。


「刀」を捨てられないのです。

(ここでの「刀」は象徴的な意味)


世の中に、「進歩派」と「守旧派」がいるように、
個人にも、「進歩しようとする自分」と「過去にこだわる自分」がいます。


いいことは守っていくべきですが、意味のないことは変えていくのが必要です。


ところが、「意味がない」とわかっているのに、
過去の習慣とか、押し付けから、抜け出すことができないのです。



例えば、「先輩・後輩」というものがありますね。


礼節はいいのです。


でも、そのことと、「先輩の言うことはすべて正しい」などとは、全然違います。


当たり前ですが、先輩だろうと、後輩だろうと、間違ったことをすることもあるのです。


「先輩が白と言ったら、黒いものでも白」などという馬鹿げた考え方が、だいぶん薄れてきたとはいえ、今だに残っています。



そう考えたら、世の中には、わけのわからない儀式だとか、
良識に反するようなこともたくさんあります。


「いったいそんなことをして意味があるのか」

と思うようなこともありますね。


「過去がそうだったから」と、それを引きずっているのです。


その一方で、「本当に必要なこと」を、
いろいろな理由をつけてないがしろにしていたりする。



自分自身の中にも、きっとあるのではないでしょうか。


「セクハラ」や「パワハラ」などという言葉は、今は一般的になりました。


でも昔は、そういった言葉すらない時代もあったのです。


言葉はなくても、実態は同じです。


今になってやっと、そのような問題が身近にあって、深刻だとの認識が広がったのです。


セクハラやパワハラに悩んでいる人に、「救い」がもたらされたのです。


時代が進歩するように、自分自身も「常に進歩的」でなければならないと思います。


進歩は、「右肩上がり」にはいかないものです。


時に退歩したり、逆行したりすることもありますが、
長い目で見れば、常に前に進んでいくのです。


意味のないことや、どう考えてもおかしいと思うことは、捨て去る勇気が必要です。


過去にこだわっている人もそうです。


過去に戻って行動することはできないのですから、そこにこだわっても意味がありません。


「昔はあんなに楽しかったのに」といくら思っても、
自分は「今を生きている」のです。


むしろ、思い出とは、常に「これから作っていく気構え」であるべきです。


いつだって、「今が一番いい時」と言える、自分でありたいと思うのです。


いろいろなことに悩んでいる人は、
その都度「脱皮」を促されていると思っていい。


古い殻、終わった殻を拭い去って、「蝶」は羽ばたけるわけですね。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いろいろなことに悩んでいる人は、その都度「脱皮」を促されています。

困難は、あなたに「進歩」を促しているのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



uemura.jpg

「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」
~あなたの愛を実現する方法~







メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク