読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

嫌われてもどうってことはないが、自分の長所を発揮できなくなったら問題

こんにちは。上村です。


僕は若い頃、こんな事がありました。


行ったことのないような「高級レストラン」で、食事をすることになったのです。


高級レストランですから、「作法」が気になります。


ナイフやフォークの扱い方
テーブルマナー

とても気になったのです。


目の前に料理を出されても、手をつけるのに気が引けた。


(無作法なことをしていないだろうか)

と心配になったのです。


「品のない人」と思われたくなかったのですね。


そこでどうしたか。


一緒に食事をしている人のテーブルマナーを見て、それを「まねた」のです。


一見安全策ですが、その人も正しいテーブルマナーをしているとは限りません。(笑)



いずれにしても、いろいろ気にしていると、楽しい食事も、何となく窮屈な感じがしました。


味もイマイチわからなかった。


別に「誰かに窮屈にされた」というわけでもないのです。


「自分で勝手に窮屈になっていた」

だけだったのです。


食事に行ったのですから、うるさいことは言わず、食事を楽しめばいいだけ。


穏やかな雰囲気、楽しい気持ち、充実した時間が大切です。


それこそが、「真のマナー」ではないでしょうか。


確かにテーブルマナーというのはありますし、それを守ることも時に必要かもしれません。


しかし、テーブルマナーを知っていることと、真の品格とは何の関係もありません。



行儀は無駄と言ってるのでありません。


人に会ったらあいさつするし、朝は「おはようございます」と言うし、寝る前には「おやすみなさい」と言うでしょう。


でもそういったことが度を過ぎて、

「ああしなければいけない、こうしなければいけない」

となったら、窮屈で仕方がなくなります。


決まりごとのオンパレードでは、辛くなってしまう。


しかもその決まりごとの質が、「本質」とは言い難いものなのです。


形式的なマナーより、「真のマナー」の方が上。


当然ですね。


本当に「品格」が大切であるなら、それは人の心を縛り付けるものではなく、「人の心を解き放つもの」であるべきなのです。


これはなかなか大切です。


形式的なことにこだわって、本質をないがしろにしてしまうことは、いくらでもあると思います。


うまくいかなくなるのは、本質を忘れてしまっているから。


それこそテーブルマナーにこだわりすぎて、かえって明るい気持ちが失われるようなものです。


「嫌われるのが怖いから、何もしない」

みたいな感じですね。


それでは、結局自分のいい部分を発揮していくことができなくなってしまいます。


あなたには長所がたくさんあるのですから、それを明るく発揮していけばいいのですよ。



それによって、誰かが助かったり、勇気づけられたりするものです。


まさにそれこそが、「自分自身に対するマナー」だと考えます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うまくいかなくなるのは、「本質」を忘れてしまっているから。

あなたには長所がたくさんあるのですから、それを明るく発揮していけばいいのです。

余計なことに、神経をすり減らされないように。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕のプレミアムメールマガジンは、あなたの「愛し愛される力」を強烈に引き出します。孤独に悩んでいる方、愛されたい方は読んでみてください。


今、プレミアムメールマガジンを購読申込された方には、かつて有料で販売していた「以心伝心のE-BOOK」をプレゼントしています。

(期間限定配布ですので、お急ぎください)





プレミアムメールマガジン(バックナンバー購入も可能です。どれも珠玉の内容です)

第1号 無料メルマガでは書けなかった「ある話」

第2号 あなたの持つ「素晴らしい資質」を、このメルマガで証明します

第3号 あなたに恋愛や人間関係がうまくいく「別の視力」をお渡しします

第4号 あなたの愛を成就する「たった一つの」心がけをお伝えします

第5号 今回は「出遅れ体験記」という「成功話」です

第6号 今回は、愛を実現する「あなたの個性」を、とことんまで引き出します





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク