読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

真の愛情が通う場所は、小手先ではなく、「本質」にある。あなたの本質を鍛えよう

こんにちは。上村です。


昔の話です。

職場でのこと。


同僚の奥さんから、
電話がかかってきました。


「主人は、もう退社しましたか?」


同僚は、とっくに帰っています。


「ずいぶん前に帰りましたよ」と言えばいいのですが、

ここでふと、僕は思いました。


奥さんが電話をかけてくるということは、
当然、同僚は家に帰っていないわけです。


その同僚は、仕事と称し、飲み歩くこともしばしば。


今日も同僚は、奥さんにナイショで、
どこかに遊びに行ってるかもしれません。


もしここで、僕が正直に「かなり前に帰りました」と言ったら、家庭で何が起こるでしょう?


夫婦喧嘩が勃発するかもしれない。


そこで、ちょっと悩んだのですね。

でも、ウソも言えません。


「早い時間に帰りました」

と正直に答えました。


それを聞いていた、ある同僚が、

「マズいんじゃないの。
彼、疑われているみたいだから」


「家で騒ぎになるんじゃないか」と言うのですね。


でも、それではいったい僕はどうすればよかったのでしょうか?


「ついさっき、退社したばかりです」

とでも言えばよかったのか。


その瞬間、同僚が自宅に戻ったら、いったいどうなるのか。(笑)


職場って、こういうところにも気を遣わないといけないのだろうか。


これは、当然ながら、
同僚の個人的な問題です。


同僚の肩を持って、奥さんをダマすようなことをしたら、どうなるでしょうか。


僕も、「同罪」になってしまう。


人のいい人は、こういう場合、
妙に気を回しすぎることがあるものです。


もちろん、人のよさは大きな美徳ですが、
それはもっと「正しいこと」に使っていくべきですね。


同僚の「よくないこと」に加担するような、
そんなことに使ってはいけない。



大切なことがあります。


「困った状況を切り抜ける最善の方法は、
正直になること」



これに尽きるのです。


変に気を回しすぎたり、その場をとりつくろったりしたら、
余計にこんがらがってしまうかもしれない。


後で同僚から、
「どうして気をきかしてくれなかったんだ」と責められても、

「だって、ウソを言うわけにもいかないじゃないか」
と言えばいい。


まあ、別に同僚も、そんなことは言わないでしょう。



これは、恋愛や人間関係全般にも言えることですね。


一つのウソのために、また別のウソをつかねばならず、
どんどん矛盾が生じてきます。


少年時代にあったかもしれませんが、
友人が「昨日のテレビ、おもしろかったな」と言う。

「見ていない」と言えば話に乗り遅れるので、
「ああ、おもしろかった」と答える。


実際は見ていないのです。

後々、突っ込まれて、しどろもどろになったりします。



「いつも公明正大を心がけていれば、それでうまくいく」


妙に「世間ずれ」すると、
こんなことを馬鹿にする人がいますね。


そして、痛い目に遭って、やっと「正直の価値」を痛感することになります。


正しい価値は、時代がいくら変わっても、普遍のものです。


小手先ではなく、「本質に沿った行動」をすることです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小手先はいりません。

いつも公明正大に。

それを心がけていれば、最後は必ずうまくいくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク