読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「悪魔の声」にくじけそうになったら読んでほしい話

こんにちは。上村です。


昔の話ですが、こんなことがありました。


職場で、「さあ仕事を頑張るか」と思った時、
たまたま電話が鳴ったので、とりました。


すると、「クレーム電話」だったのです。(笑)


こういう時は辛いですね。
せっかく頑張ろうと思ったのに、気力が削がれます。


しかも、八つ当たりのようなクレーム。


こういうのを、

「悪魔の声」

というのかもしれません。


「悪魔の声」は、常に人のやる気を削いでいきます。


思えば、そんな声は、
日常でいろいろ流れているかもしれませんね。


おもしろがって、人を惑わすようなことを言う人もいます。



例えば、こんなことがありました。


僕の若い頃ですが、好きな異性がいたのです。


友達数人と会話していた時、
その人の話題が出ました。


友達の一人がこんなことを言ったのです。


「○○さん(僕が好きな人)は、彼氏がいるそうだぜ・・・」

と。


この時の僕のショックは、
きっとご理解していただけると思います。


その友人は、結構「適当なこと」を言ったようです。


「彼氏がいるみたいだ」という、単なる憶測ですね。


ところが「いるかもしれない」と言う言葉を、
なぜか「いる」と断定系にしたのです。


言った本人はそれでよくても、聞いた人は勘違いします。


事実でないこと(どうかわからないこと)に、
振り回されてしまうのです。


SNSにも、虚偽や誤報を流して騒いでいる人が、一部ですがいますね。


それは本人の問題ですから何もできませんが、
「自分のこと」は自分が何とかできます。


「いい加減な言葉に振り回されない自分」を作るべきです。


といっても、なかなかそんな風にいかないこともわかります。


しかし、いろいろな人がいるのですから、
いろいろな言葉が飛び交うのも仕方のないことです。


たいして考えてしゃべっていない場合もあります。


ウケだけを狙った発言もあります。


傷つける意図はないのに、
思わずそんなことを言ってしまう人もいます。


意図的に傷つける発言もあるでしょう。


そのような言葉に、
いちいち傷ついたり、動揺したりするのは、
元来おかしいのです。


人は傷つくことを恐れますが、
それは自分が考えているほど大きな問題ではありません。



他人が何を言うかではなく、「自分が何を言うか」が大切です。
他人が何をするかではなく、「自分が何をするか」が大切です。


傷つくことを言われて、心が病んでしまう人がいます。


でも、本当に心が病んでいるのは、
人を意図的に傷つけようとした人の方ではないでしょうか。


自分まで、心病む必要はない。


それよりも、
自分の行動を正しくしていくべきです。


自分は、「自分の行動」に責任があります。


「責任」というと、何か重苦しく感じるかもしれませんが、それは全く逆です。


責任とは、「大いに明るい」ものです。
なぜなら、そこに自分を発揮していく機会があるからです。



そして真の責任とは、人から強制されるものではなく、
「自分が自分で見出していくもの」です。



自分のことは、自分が一番よく知っているものではないでしょうか。


そんな自分に、自分の歩んできた道に、もう一度自信を持っていく。


「悪魔の言葉」など、
全く無力であることに気付くはずです。


そんなものではなく、もっといいものを取り入れるべきです。


思い切って「明るい場所」(明るい考え方のことです)に飛び込んでいく。


それこそが、真の勇気ではないでしょうか。




何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の責任を果たしていく。

「責任」とは、大いに明るいもの。

そこに、自分を発揮していく機会があるから。

そのような人をくじけさせるものは、何もありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク