読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

いい会話がしたいなら、コミュニケーションがうまくなることを目指すのではなく、コミュニケーションを大切にすることを目指すべき

こんにちは。上村です。


突然ですが、

あなたは学生時代、「校長先生の話」をどれくらい覚えているでしょうか?


週一回とか、月何回とかに、
校長先生が朝礼等で話をされると思うのですね。


その内容を、今覚えているでしょうか?


「記憶に残っている」
という方もいらっしゃるでしょう。


でも、「ほとんど覚えてない」
という方が多いのではないでしょうか。


僕は、一つだけ覚えていることがあります。


それは、ある時、壇上に上がった校長先生が、
話すことがなかったのでしょう。


挨拶だけして、終わったことです。(笑)


まあこれは冗談ですが(出来事は事実です)、

何かインパクトがないと、記憶には残らないかもしれない。


しかし、ここで誤解があるのです。


覚えているからといって、別にそれが「いいこと」とは限りません。


さっきの校長先生は、印象に残っていますが、
生徒の心に感動を与えるようなことをしたわけではありません。


「何だ、何も話をしないのか」

とツッコミを入れられるようなことをしただけです。


でも、せっかく話をしても、
自分の話が生徒に届いていないのも辛いでしょう。


どうしてそんなことになるのでしょうか?


もちろん、悪い話をしているからではありません。


校長先生ですから、きっといい話をしているのでしょう。


「勉強なんかしなくていい、授業なんか聞かなくていい」

なんて校長先生がいたらおもしろいですね。


でもそういった人は、校長先生には不向きです。(笑)


だからといって、

「勉強しましょう。授業を真面目に聞きましょう」という話なら、

たいして印象には残らないでしょう。


当たり前のことだからです。


「当たり前がどうでもいい」という意味ではありません。


「型にはまったお説教」では、
誰も耳を傾けないということなのです。


自分が聞く側になってみれば、わかることですね。


せっかくのいい話なら、相手の気持ちに届かせたいと思います。


たとえ一人でも、その話に感銘を受けたなら、それで大きな意味があるのです。


ただ、あまりに「義務化された話」では、
本来なら、生徒にとってためになる話なのに、
ほとんど聞いていないというようなことになって、惜しいと思うのですね。


これは単なる一例です。


「職場」にだってそういうことはあるでしょう。


上司の長い話ほど、やっかいなものはありません。


「早く仕事をさせてくれ」と思います。(笑)


結婚式のスピーチもそうですね。


「長すぎる乾杯の音頭」ほど、
しらけさせるものはないでしょう。


まるでバラエティー番組のように、刺激的な話を繰り返す人もいますが、
いい話とは、本来そういうことではありません。


トークの達人とか、座談の名手とか、
そんなことはたいした意味はないのです。



しかし、多くの人は誤解し、
自分は話し下手、コミュニケーションが苦手と思い込んでいるのです。


何かうまくいかないと、
「病名的なもの」をつけてしまう傾向もありますが、
本来おかしなことです。


もし世の中が、トークの達人だらけだったら、やかましくてしょうがないですね。(笑)


そうではなく、大切なことは、「自分の特徴をどう生かすか」です。


ないものを求めるよりも、「あるもの」を発揮すべきです。


「自分には何もない」と言う人もいますが、
そんなことは決してありません。


「あるもの」を才能だとか、そういった技術的なものと考えるから、見つからないのです。


例えば、優しいとか、真面目だとか、それは大きな「才能」です。


むしろ「根本」はそういうことです。


誠実さもないのに、言葉巧みに異性を口説いているとか、
そんな人はいつか化けの皮が剥がれるものです。


いつもごまかしていたら、
自分にとってやっかいなことになっていきます。


大切なことは、「根本に目を向けること」です。


一時的な賞賛などを求めていると、
だんだん行動が歪んできます。


「長期的な信頼」こそ、大切です。


あなたがどんな人を信頼するかを考えれば、
自ずから答えは出ることでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ないものを求める時間を、あるものを発揮する時間に変えていく。

それだけで、人生が変わっていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク