読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「先が見えない」のは悪いことではなく、いいこと


こんにちは。上村です。


僕が、職場に入社した頃の話です。


当時は景気のいい時代。


入社早々、「ハワイ旅行」があったのです。


社員旅行なのですが、これには驚きました。

まさか、ハワイなんて。


よほど景気がよかったのでしょう。

入社一年目で、ハワイその他、社員旅行が4回もあったのです。


いくら何でも、行き過ぎのような気がしますけどね。(笑)


ボーナスなんかも、

「ええっ、こんなにもらっていいの」

と思うくらいあった。


ところが、当たり前ですが、そんな状況は長くは続きません。


だんだん景気が悪くなっていきました。


そんな大盤振る舞いもできなくなったのです。

ボーナスも下がっていった。


「ええっ、こんなにもらっていいの」が、
「ええっ、これだけしかないの」になってしまった。


ハワイ旅行も、国内旅行になりました。


国内流行も、遠くから、だんだん近場になっていった。


そのうち、「近所の居酒屋で宴会でもするか」みたいな話になった。(笑)


「バブル景気」とはよく言ったものですね。

ビールの泡とともに、景気も消えていったのです。



ああ無情・・・

いえいえ、とんでもありません!



僕は、これは無情どころか、「よかった」と思うのです。


考えてもみてください。

社員旅行が年4回もあって、楽しいでしょうか。(笑)


たまに行くから楽しいのであって、

(社員旅行なので楽しくないという人もいると思いますが)

それがしょっちゅうなんて、違和感を覚えます。


入社一年目でそんな多額のボーナスをもらって、
嬉しいのは嬉しいですが、何か変な感じがしました。


「これだけ渡しているんだから、もっと働け」

みたいに言われているような。


それはともかく、
「景気がいいから頑張れる」と思いがちですが、
実際はそうでもありません。


むしろ「逆」ではないかと考えるのです。


先が見えるから歩もうとするのではなく、先が見えないからこそ歩もうとします。

そこに、気力が生まれる余地があるからです。


実は、あなたの今が「暗闇」とすれば、
それは「明かり」の場所に行くために、必要なものかもしれないのです。


その明かりは、どこにあるのでしょうか?


あなたの心の中にあります。


その明かりで、暗闇を照らしていけば、必ず状況もまた少しずつ明るくなっていくはずです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暗闇を照らすのは、環境ではなく、あなた自身。

「先が見えない」のは悪いことではなく、いいことです。

自分の中から「明かり」を見出そうとするからです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」


今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

「究極の解決方法」です。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク